upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
恋愛イラストコンテスト
画像
画像

2014年11月より募集を開始いたしました 恋愛小説&イラストコンテスト のヒロインイラストには75作品のご応募を頂きました。作品応募頂きました方々及びコメントや評価を頂いた読者の方々、本当にありがとうございました!

以下、選出作品と選評を発表させて頂きます。また一次選考通過作品については短評を掲載させていただきましたので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

⇒ 恋愛小説&イラストコンテストの概要はこちらをご覧ください
※選出作品び1次選考通過作品には選評を掲載しています。
選出作品
選出作家:弓槻みあ
選出作品

※弓槻みあ様へは各種手続きの為、
別途upppiよりご連絡させていただきます。

審査員選評
 応募作品の中でも目をひくイラストであった本作。
 少女のなにか想いを秘めているような表情は、作品がこのあとどうなるのかと見ているものの想像力を喚起させてくれます。それが恋愛的展開を含むものであると思わせる、そんな雰囲気がこの少女からはしてくるのです。
 また細かい服の陰影、効果をとってもその技術は非常に高くそういった点においても賞を受賞するに値する作品であったのではないでしょうか。
 高い技術力と、そして物語を想像させる人物描写。今後この女の子がどのようなストーリーを演じるのか、非常に楽しみです。
upppi公式アドバイザー弓島
画像
画像

一次選考を通過した以下7作品につきましては、それぞれ審査員の短評を添えてご紹介いたします。

一次選考通過作品
  • 審査員選評
     超良質なJKのイラストを連投してくれたKNさんの作品の中でも、この作品の人気は群を抜いていました。審査員の評価もさることながら、★の数の多さがそれを語っています。結果としては選出作品に一歩譲ってしまう形となりましたが、さらなるJKを求める声があちこちから聞こえてきそうです。
    審査員:星原
  • 審査員選評
     イラストを見ただけでヒロインの性格がイメージできるような作品で、個人的には推していたのですが、最終選考では惜しくも受賞なりませんでした。表情や肌の艶といった点ではトップクラスの作品でした。
    審査員:下柳
  • 審査員選評
     カワイイけどちょっと内気っぽい顔立ちと、その性格を映し出すようなスイーツの数々。それだけでも主人公に対する興味が沸き上がってくるのですが、そこに浮遊感が加わることで、「ファンタジー展開もあり得る!」と、さらに想像力を喚起させまくる佳作です。惜しくも選出ならずでしたが、ただならぬポテンシャルを感じました。
    審査員:星原
  • 審査員選評
     「明るいお姫様」感が前面に出ていて、とても雰囲気が良く好印象。犬(?)のぬいぐるみやペンダント等の小物も良いアクセントとなっており、それらが相まって「ロマンスを感じさせる」という点ではピカイチのイラストでした。
    審査員:新堂
  • 審査員選評
     特筆すべきはその画力。繊細なフリルの表現や光の加減、アンニュイな表情等、全体的に非常に高いレベルでまとまっており、(気怠げですが)生き生きとしたキャラクターを感じさせます。個人的には大プッシュしたのですが…惜しくも入賞には至りませんでした。特に欠点と言う欠点がなく、最後まで選考を争った作品の一つです。
    審査員:新堂
  • 審査員選評
     彼女の見つめる先には何があるのか。
     ペンを握りしめ、レポート用紙を持つ少女。そのあどけない表情と視線はきっと誰かになにかを書いて(描いて)いるのではということが想像できます。
     想像させるという点において、この作品は非常によく出来たものだと思います。先ほど申し上げた視線の表現と表情がまずあり、そして縛り過ぎることのない彼女の服装。「このこがどんなお話の登場人物だと思いますか?」と聞いた際に、答えやすいのはこの作品なのではないでしょうか。
    upppi公式アドバイザー弓島
  • 審査員選評
     等身バランス・色使い共に文句のつけようがない「ヒーロー達が思わず目で追ってしまうヒロイン」が見事に表現された作品です。また、現代物・ファンタジーどちらの主人公としても対応可能な雰囲気をまとっているという点も好印象でした。力作揃いの最終選考では惜しくも大賞作品に一歩譲る形になりましたが、人柄の良さや芯の強さが感じられる「表情」を評する声は審査終了後も多く聞かれました。
    審査員:狩屋
審査員総評
 今回は小説を書く際のイメージキャラクターとなるヒロインイラストの募集という、少々複雑なコンテストとなりました。にもかかわらず75作品もの力作を応募頂き、スタッフ一同感謝の言葉もございません。
 服装や髪形も異なる様々なタイプの女の子たちには、そのどれにも物語の広がりを感じることができました。こちらを見た小説を書かれる方なら、「こんな物語が書きたい」と想起させられた作品があったのではないでしょうか。
 今回一つに絞らざるをえず大賞を選ぶこととなりましたが、どの作品も甲乙つけがたい力作揃いであったと私は思っております。
 今後、受賞作をイメージした小説作品を募集いたします。果たしてどんな作品が応募されるのか、期待に胸を膨らませざるを得ません。これからのコンテストに皆様ご期待ください。
upppi公式アドバイザー弓島