upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:Today
閲覧数の合計:99

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

Today

作者:いわん

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
    • タグ:
  • 編集協力者:

    ある学生のある日の寝るまでの話。


    登録ユーザー星:0 だれでも星:0 閲覧数:99

    Today 1789文字

     


    ―2012,10,19 23:58
     そろそろ日付が変わる。別になんてことない。きっとまた一日が終わり、また一日が始まるだけだ。でもなんとなく泣きそうになった。
    ―2012,10,20 0:00
     あっ、日付が変わった。2012年10月20日になった。10月19日が昨日になり、10月20日が今日になった。僕は自分が寝るまでが今日で、自分が次の朝に起きてから翌日が始まるように感じるときがある。自分が中心で世界が回っているわけでもないのに。
     「そろそろ寝るか。」と僕はつぶやく。もちろん返事はない。去年の春に大学進学のために上京してきて一人暮らしを始めた。人間一人になっても案外話すみたいだ。いわゆる独り言ってやつだけど。
     僕は読んでいた本を閉じる。明日(もう今日?)は土曜日だ。大学の講義はない。大学生になり、講義の取り方次第で平日にも休みを作れるようになった。そして気が付いたのが平日の休日と土日の休日はどこか違う気がすることだ。平日の休みは自分は休みだが、世間一般は働いてるし動いてる。どこか自分だけが取り残されているような気がする時がある。土日の休日は世間も自分も休み。そんな気がする。
     机の上にある缶ビールを飲み干す。苦い。おいしくない。飲酒は二十歳になってから。けれども大学生になるとみんな年齢に関係なく飲酒してしまう。実は僕もまだ19…いや、もう20だったな。
     携帯電話が光った。僕は携帯電話を開いた。携帯電話を開くという動作をそろそろやめたい。つまり、ガラケーを卒業しスマホにしたい。しかしながら、なかなかスマホに変える勇気が湧かないガラケー男子の僕。
     新着メール一件。友人からだ。
     「誕生日おめでとう!!明日新宿でお前の誕生日会な!!」
     おいおい、今日の明日は21日で僕の誕生日は終わってる。彼の中でもまだ今日は19日なのだろう。
     「ありがとう!たしか18時集合だよな?了解!!」と僕は返信した。文章で感謝の言葉を述べるとき「ありがとう」と書くべきか「有難う」と書くべきか迷う。どちらが良いのだろうか。そして時間に関しても12時制か24時制かで迷う。個人的には24時制の方が好きだ。だって午前か午後か確認しなくて済むから。
     新着メール。また友人から誕生日メールだ。誕生日なんて、たかがその人が生まれた日だし、たかが歳を一つとるだけかもしれない。何が変わるってわけでもない。でも僕はとても大きなことだと思っている。特に19から20になる今年の誕生日は。
     「有難う」僕はそうつぶやき返信を送る。
     空き缶潰してゴミ箱に放り投げた。入った。ストライク。ハタチになって飲むビールは美味しく感じるのだろうか。
    ―10月20日 0:17
     明日は休みだし寝るには少し早いかもしれないが、僕はベッドにもぐった。
     携帯電話が光る。メールが三件も溜まっていた。どれもこれも僕の誕生日を祝ってくれるメールだ。
     僕はなんとなく泣きそうになった。もうあと数分でハタチになるとわかったときにも泣きそうになったが、なってしまった今も泣きそうだ。本当になんとなくだ。嬉しいわけでも、悲しいわけでもない。
     後輩から「先輩!ハタチの誕生日おめでとうございます!!もう大人ってかんじですね!これからもよろしくお願いします!!」ときた。こんな晩に皆!マーク連発のテンションの高いメールばかりを送りやがって。僕は軽く苦笑いをした。二十歳とハタチって意味は同じなのになんとなく違う気がする。そしてハタチになったから大人っていうのも違う気がする。人はいつまでが子供でいつからが大人になるのだろう。
     そういえばいつか親父が言っていた。「いくつになってもお前は俺の子供だし、俺はお前の親だ。でもハタチになると俺はお前の保護者ではなくなる。」と。
    ―10月20日 0:42
     部屋の電気を消した。その後も友人や恋人など色々な人から誕生日を祝ってくれるメールやメッセージが携帯電話に届いた。そのたびに携帯電話が光るため、眠りを妨げられることもあった。しかし僕は幸福だった。
    ―10月20日 1:03
     結局最後に時計を見たときはいつもと同じ時間になっていた。僕は目を閉じて、ゆっくりと眠りについた。今日は良い夢が見れそうだと思った。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • ちなみにあたしは「ありがとう」は漢字派です。
      • 2 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 自分もちょっと考えたことがあるような…
      • 2 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 白湯さん>コメント有難うございます。誰でも一度は考えたことがあるかもしれませんね。そして「ありがとう」は漢字派ですか。実は私も漢字で表記することが多いです。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • いわん
    • 作品投稿数:1  累計獲得星数:
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 純文学の人気作品

    続きを見る