upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:カリカリカリカリカリカリカリカリ
閲覧数の合計:449

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

カリカリカリカリカリカリカリカリ

作者:風呂助

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    お題:都会の愉快犯/必須要素:400字以内


    登録ユーザー星:1 だれでも星:0 閲覧数:449

    カリカリカリカリカリカリカリカリ 1326文字

     

     弟君が寝ている。フカフカお布団ではないけど。
    なんかちょっと薄っぺらい、タオルケットみたいな。
    家はそんなに貧乏に苦しんでいるのかもしれない。

     それでは可哀想だ。僕が頑張って助けないと。
    沢山、恩返しをしなくてはいけない。ニャア。

     とりあえず弟君に近寄ってみる。肩を自慢の肉球で
    押す。押す。一緒に寝れば薄っぺらくても寒くない。
    中に入れて欲しいのです。

    「うー。夏は暑いんだから涼しいトコで寝なよー。」

     え?なんで、なんで、なんで?
    弟君は元気で優しくて、可愛がってくれて。あれ?あれ?
    僕何か悪いことしたのだっけ?

     確か半年前くらいだったら。

    「ニャアっち。寒いから一緒に寝ようぜ。入れよ。」って。

     あの優しい弟君じゃない!別人なのか、それとも。
    それとも、もう。僕はいらない猫かもしれない。

     悲しくて悲しくて、一階に下りると
    お父さんがテレビを見ていた。お父さんも僕が嫌いかな。
    お父さんは猫背だから、猫が好きなはずなんだ。
    きっとそうだ。だったら、確かめてみなくちゃ。

     ピョン。

     お父さんの背中は大きい。猫背だから頑張らないと滑る。
    なので爪を立てて落ちないよう頑張る。僕頑張ってるよ!
    お父さんは僕のこと好きだよね!

    「痛い!痛い!イテテテテ!ニャンっち、酷いよー。
    服がボロボロじゃないかー。ダメじゃないかコラ!」

     え?なんで、どうして、なんでなの?!
    怒られた。いつもなら抱っこしてくれて。撫でてくれて。
    お父さんも僕が嫌いになったんだ。

     もう僕にはお姉ちゃんしかいないんだ。お姉ちゃんは
    絶対に優しいんだ。僕を追い出したりしないんだ。

     お姉ちゃんは寝てた。なので起こさないように
    お姉ちゃんの布団の滑らかなカーブのトコに寝ッ転がる。
    ほら!嫌がらないよ!お姉ちゃんは、僕の味方なんだ!
    よかった〜。

     なんかお姉ちゃん、さっきから辛そう。苦しいのかな?
    病気だったら、どうしよう!お姉ちゃん頑張って!
    (お姉ちゃんはニャンっちの重みで、絶賛【金縛り中】です。)
    頑張れお姉ちゃん!がんば……僕も眠いね。このまま寝ようかな。

     おやすみなさい。

     いきなり飛び起きたお姉ちゃんは、あんたのせいね!って
    怒鳴った。お、おね、お姉ちゃん?!そ、そんな、そんなはずは。
    み、みんな僕が嫌いなんだー。こんな家頼まれたって居てやらない!
    こんな悲劇は、400字以内の原稿用紙では表現できない。

     僕は旅にでるのだ。行く宛ても無い。長い長い一人旅。
    止めてくれるな。僕は何倍も大きく強く逞しくなって。
    それともいっそ、不良になってやる。マタタビを片手に
    子分をはべらして、ケンカに明け暮れて……。

     そんなに僕は強くないから、IT?とかをを駆使して
    情報に強いハッカー猫になって、欲望渦巻く都会の愉快犯に。
    クックック。みていろ、人間どもめ。クックック。


     あ、お母さんが呼んでる。ブラッシングだ!僕が大好きな!
    おかーさーん!大好き〜!毛並みに沿っていつもながら丁寧な
    お母さんの素晴らしい技。うっとりです。お母さん最高!
    大体いつもこの後に、カリカリもくれるから大好き〜!

     この家の順位はお母さんが1位。僕が2位。あとは手下です。
    はやく冬になってコタツでやたら、みんなも優しくなるけどね。
    僕はなんでも知ってるだ。ヘヘヘ。

     では頂きます。カリカリカリカリカリカリカリカリ。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 ライトノベルの人気作品

    続きを見る