upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:幽霊づくり
閲覧数の合計:182

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

幽霊づくり

作者:古来

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    サイコものと幽霊ネタを組み合わせた内容です。
    あと味――悪いと思います。お許しのほどを。


    登録ユーザー星:4 だれでも星:1 閲覧数:182

    幽霊づくり 4244文字

     

     幽霊っていると思います?
     それとも、いないと思います。
     ほんとうのところどっちなんだろうと、わたしは常々考えていました。いると言う人にはいて、いないと言う人にはいないというのが、もっとも正しい答えなんでしょうけど、それではつまらないですよね。
     で、幽霊はほんとうにいるのか。そしてそれはどんなものなのか。女には似つかわしくない研究だと揶揄されながらも、わたしなりに調べました。時間がかかりました。文献を読みまくりましたし、多くの人に話を聞きました。体験談というのも、かなりの数を収集しました。心霊スポットなるものにも行ってみました。
     それでわかったのは、幽霊の存在を立証するようなものはこの世にないということでした。実話と称される話や、体験者の方の話は、やはり信憑性にとぼしいと言わざるを得ません。主観が強すぎて客観性に欠けるのです。精神疾患、夢、錯覚、偶然で多くのものが説明できます。幽霊屋敷の類も眉唾でした。心霊写真も、作り物、偽物ばかりです。××協会が認定したなどという肩書がついていたとしても、その協会自体が信用できない団体です。ネス湖の怪物の写真が捏造だったぐらいですから、なにをか言わんです。幽霊の存在を信じ真面目に研究されている方のご本を読んでも、幽霊を目で見るということは、実際のところ稀の稀だそうです。多くは気配とか雰囲気とか、ちょっとした不可思議な現象をもってしか、いまのところ幽霊は知覚されていないというのが真実らしいです。また、幽霊が人を殺した話の実例はひとつもありません。
     けっきょく、幽霊はいるのかいないのかはっきりしませんが、いないほうが確率は高いという結論にいたりました。
     では、幽霊はいないのか。いいえ、わたしはそうは思いません。幽霊はいます。身近なところに、思いもよらないそばに――。
     調べていてわたしは思ったのです。幽霊というのはある種の記憶ではないかと。人の死や、それにまつわる記憶が、なんらかの知覚で捉えることのできたものが幽霊の正体ではないのかとです。統合失調症、解離性障害などといえば、限られた人たちの話のようになりますが、記憶とすれば、どなたもお持ちのはずですよね。そして記憶というのは、当然過去の出来事なわけですが、それを再現している時点では、いま現在になっていることはおわかりいただけるでしょうか。つまり記憶とは、過去のことでありながら、いま現在のことにもなりうるということです。再現した時点で、過去の出来事がいまになり、そこに知覚の作用が加わったら、それが幽霊になるのではないかとわたしは考えついたのです。
     大雑把な例えですが、あなたがホラー映画をテレビで見ているとします、すると背後で足音のような音が聞こえたとします。部屋にはあなたしかいません。そういう経験をしたら、あなたは幽霊を想起しないでしょうか。ホラー映画が記憶で、足音が聞こえたのが知覚作用と思ってください。このように記憶が再現され、それと結びついた知覚作用が同時に起こった場合に、幽霊という現象が生じるのではないかとわたしは考えています。もちろん、これだけですべての現象を説明しきれているわけではありません。しかし、幽霊の謎を解く、ひとつの手がかりにはなるのではないでしょうか。
     記憶と知覚、それがキーポイントだと、わたしは深く考えるようになりました。そこに幽霊の存在を立証するなにかがあるのではないか。新しい幽霊の解釈ができるのではないか。もしかしたら、幽霊を作ることもできるかもしれないと。
     記憶の再現、知覚での認識。逆の場合もありうるでしょう。つまり、知覚での認識のあとでの記憶の再現。とにかく、記憶と知覚、この二つが幽霊出現の決め手です。
     そしてわたしは気づいたのです。日常目にしている本や手紙が利用できるのではないかということにです。本や手紙というのはすべて過去に書かれたものです。つまり記憶ですね。それをあなたが読むことによって再現し、そこに知覚を作用させれば、わたしの条件にぴったりです。そして、あなたがいまネットで読んでいるこの文章も同じことです。わたしはいま、キーボードを前にしてこの文章を打っています。わたしにとってはそれがいまです。しかし、これをいま読まれているあなたにとって、それは過去のわたしです。あなたが読むことによって、過去のわたしの考えや思いがいま甦っているわけです。甦るとは、なんともいえず幽霊らしいとは思いませんか。つまりわたしは思うのです。これこそが幽霊体験につながるのではないかと。もちろん通常言われている幽霊とは、かなり違います。しかし幽霊の元となっているのは、このシステムではないでしょうか。むかし自分で書いた日記やメモを読んで、見知らぬ自分をそこに感じたことは、あなたにはありませんか。しかしそういうふうに言われても、あなたには納得していただけないでしょう。本や手紙を読んだり、このネットの文章を読んだりすることが、幽霊を体験しているということにつながるとは。まして、そうやって幽霊を作りだすのが、取りも直さずいまあなたがしている行為だと言っても。では、こうしたらどうでしょう。

     死ね、死ね、死ね、死ね、死ね。

     これはどうです。

     呪ってやる、呪ってやる、呪い殺してくれる。

     苦しい、苦しい、苦しくてつらい。助けて、助けて。

     少しは幽霊らしくなりましたか。
     ひひひひひ……。

     ねえ、幽霊っていると思う?


     あなたが目にする時点では、いま打ったことは過去です。あなたが読むことによって、わたしは甦ります。過去がいまになり、いまが過去に引き戻されます。ねえ、わたしの言っていることわかる? 
     わたしは思うのです。幽霊の存在とは、すなわちそういった体験のことを指すのではないかと。幽霊を立証するにはその体験を、あなた自身にしてもらうしかないのではないかと。わたしの考えに基づいて幽霊を作り、それをネットで配信するという方法に、わたしはとり憑かれています。
     この文章を読みながら、少しはあなたはわたしのことを感じてくれているでしょうか。わたしがあなたの、ほんの横にいるのがわかりますか。わたしの長い髪があなたのうなじにかかっているのを、わたしの冷たい手があなたの背中を、背骨に沿って撫で下ろしているのを感じてくれていますか。もしかしたら、いま音がしませんでしたか。かすかな、ほんの小さな音です。気配はありませんか。誰かにじっと見つめられているような。

     ねえ、幽霊っていると思う?
     いるとしたら、どんなものだと思う?

     しかし、これだけではまだ足りない気がします。幽霊を作るための肝心のものが欠けています。それは死です。死の感触がなければ、幽霊は完成されません。ええ、覚悟はできています。あなたに幽霊を示すには、わたしはそうするしかないのです。
     しかし、ちょっと考えてみてください。どうしてわたしがまだ死んでいないと、あなたには言い切れるのでしょうか。わたしはすでに死んでいて、そしてキーボードを打っているのだと言ったら、あなたはどうされますか。この文章を綴っているのは、じつは、すでにこの世に存在していなものだということを、あなたは知ったらどうされますか。
     信じられませんか。暗い誰もいない部屋で、ひとりでキーボードがカチャカチャと、文字を液晶に打ち込んでいる光景を。
     それとも聞いてみたいですか。幽霊のことを考えすぎ、深入りしすぎて、引き返せなくなった女の話を。見えざるものが見え、幻聴に悩まされ、目と耳を針でつぶし首をくくって自殺した女の話を。

     ねえ、幽霊っていると思う?
     ねえ、ねえ、ねえ、ねえ、ねえ……。
     教えてあげましょうか。わたしはあなたに知ってもらいたいの。だからここにいるの。

     幽霊は見えないから怖いのです。見えなくて、そこにいるから怖いのです。
     ふふふ――幽霊っていると思う? ねえ、まだなにも起こらない。

     さて、幽霊はいるのでしょうか。それともいないのでしょうか。確かなことはただひとつ、わたしはいる、ということです。この文章を読まれた時点で、わたしはあなたのそばで息づいています。それを止めることはもはやできません。あなたはわたしの文章を読み、わたしを取り込み、すでに記憶として、わたしの考えやお話したことを刻み込まれています。そして、一番重要なことは、これから先なにが起こるかということです。わたしは常にあなたのそばにいます。くだらない戯言だ、馬鹿な内容だと思われようと、すでにわたしはあなたのそばにいます。ほんの横かもしれません。今後あなたの行く先々に、片時も離れることなくわたしはついていくでしょう。あなたはわたしに気づかないかもしれません。しかし、いずれあなたはわたしに気づくことになります。ドアや押入れの戸の、わずかな隙間を目にした時かもしれません。風もないのに、カーテンが意志を持っているかのようにひらひらと舞っている時かもしれません。あるいは、ひとりでぽつんと部屋にいる時かも、横断歩道の向こう側から、髪の長い女があなたをじっと見ていることに気づいた時かも。夢の中でかもしれないなら、金縛りにあった時かもしれません。わたしのことを思い出し、耳元で女の笑い声が聞こえたらあなたはどうしますか。飲食店に入って、「いまいたもうひとりのお客様は……」と店員に尋ねられたら、どんな気分がすると思います。そしてその時に、あなたはほんとうのことを知ることになります。

    ←前のページ 現在 1/2 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • ぐはっ(吐血)。
      理論と感性の一体感! お見それいたしました。
      真剣に読んでいたところ、飼い猫に後ろから通りがかられて目茶苦茶ビビってしまいました。
      それだけ感覚が敏感になってしまうホラーに出逢える快感!
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 本物志向の南部さんに、誉めていただいたみたいで光栄です!
      猫ですか――怖いですね。じつは僕も、これ書いている時台所で物音がして、ゾクッとさせられました。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • 古来
    • 作品投稿数:3  累計獲得星数:9
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    • 似たような怖い話
      似たような怖い話

      └建物にまつわる二つの怪異を、ひとつにまとめてみました。多少なりとも気配を感じていただければ幸いで

    • 想い出の記
      想い出の記

      └むかしの、いじめっ子といじめられっ子のお話です。

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る