upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:蛇百合
閲覧数の合計:1556

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

蛇百合

作者:らしき

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

     “百合モノ”+“人外モノ”です。
     怖くないのでホラー小説コンテストへの参加資格はないのかもしれませんが……。
     よろしくお願いいたします。


    登録ユーザー星:11 だれでも星:8 閲覧数:1556

    蛇百合 6901文字

     

     その頃、私たちの学校の緑が日増しに濃くなっていたのを覚えています。
     それまでも校庭や校舎脇の池の周囲などに草木は植えられていたのですが、心を込めてお世話する人がいなかったからでしょうか、特に目にとまることはありませんでした。
     ところが、ある人が転校してきてから、学校中の植物が瑞々しく目に映りだしたのです。校門を通り抜けて校舎に至る短い並木道では、ケヤキやクスノキが色を深くした葉を広げていました。校舎から体育館や裏門へ抜ける小道の脇では、ツツジやシバザクラ、サルビアが鮮やかな花を咲かせていました。
    「おはようございます、ミヅチ先輩!」
     早朝の校庭にその人の姿を見つけ、私は大きな声であいさつしました。
     私としてはできる限り早く登校したつもりだったのですが、ミヅチ先輩はもう花壇の手入れを終えようとしていました。
    「アイちゃん、おはよう。早いのね」
     ミヅチ先輩が私に向かって微笑みます。
     背が高くスラリとした体をまだ着古されていない制服に包み、サラサラの――枝毛の一本も無さそうな――黒髪を肩の下まで伸ばしたミヅチ先輩は、まるでファッションモデルか何かのようです。スッと伸びた鼻梁の上で優しく細められている切れ長の目に見つめられて、私の頭はポーッとなり、胸はドキドキしてしまいました。
    「どうしたの? 熱でもある?」
    「な、なんでもないですっ」
     あわてて誤魔化すと、さりげなくミヅチ先輩と目を合わせないですむ位置に移動しました。目を合わせてしまうと、さっきみたいに上手くしゃべれなくなってしまうから。
    「お手伝いをしようと思って、がんばって早起きしたのに……。ミヅチ先輩は起きるのが早すぎですよぅ」
    「あらあら、そうだったの。アイちゃんの気持ちだけ受け取っておくわね」
     ミヅチ先輩はトートバッグの中に、剪定鋏やスコップなどの園芸用品をまとめてしまいました。
     ミヅチ先輩が転校してきたのは半年前。それ以来、いつも一人で植え込みや花壇の手入れをしているのを登下校の時や休み時間に見かけます。クラスメイトは「なんだか暗そうな先輩」と言いますが、まるで草花とお話ししているような姿は私にはとても素敵なものに感じられました。
     お手伝いしてみたいと思いながらも勇気がなくてなかなか声をかけられず、ようやくごあいさつできるようになったのが先々月、軽い立ち話をできるようになったのが先月のこと。先週、放課後に意を決してお手伝いを申し出たものの「一人でできるから」とあっさり断られ、帰宅してからベッドの中で涙ぐんでしまいました。
     クラスメイトに相談すると「ああいった暗そうな人は押しに弱いはず」とアドバイスされたので、今朝、既成事実を作るべく早起きしてきたのですが……。
    「がっかりです」
     肩を落とす私を見て、ミヅチ先輩はまた微笑みます。
    「うふふ、ごめんなさいね。……ねぇ、アイちゃん。お昼ごはん、二人で食べない? アイちゃんの朝の時間を無駄にしちゃったおわびに、飲み物をごちそうするわ」
     一瞬、耳を疑いました。まさかの先輩からのお誘いです! 私は飛び上がるように喜んで承諾しました。
    「ほ、本当ですか!? ぜひ、ご一緒したいです! あっ、で、でも、飲み物につられたわけじゃなくて! ミヅチ先輩とお昼を食べたいという純粋な気持ちで!」
    「うふふ、わかってるから大丈夫よ。じゃあ、場所はね―――」
     ああ、やっぱりミヅチ先輩は素敵な方でした。約束をしたわけでもないのに、勝手に早起きした私なんかのために気を使ってくださって。
     もちろん午前中の授業は上の空。お昼休みのチャイムが鳴ると同時に、そそくさと教室を後にしました。目指すは校庭の大ケヤキの下のベンチです。
     樹齢百年以上といわれる幾重にも重なった枝葉がつくる居心地のいい影の中、私は腰掛けました。ミヅチ先輩はまだ来ていませんでした。キラキラとした木もれ日がベンチを取り巻くように降り注ぎ、まぶたの裏に残影を投じます。
     しばらくすると、先輩が飲み物とお弁当の袋を持って校舎の方から現れました。
    「ごめんなさい。待たせちゃったかしら」
    「そんなことないです! 私も今、来たばっかりです!」
     私があわてて立ち上がろうとすると、先輩は小さく手で制しました。
    「そんなに緊張しないで、ね? 飲み物は紅茶でよかった?」
    「は、はい! ありがとうございます!」
     差し出された白く細い手から紙パックの紅茶を受け取ると、結露の湿り気が私の指を濡らしました。冷やりとした感触は、跳ね上がっていた心拍数を少し落ち着けてくれます。
    「紅茶を買ってきてくださるなんて、まるで今日の私のお昼がサンドイッチだって知ってたみたいですね。紅茶とサンドイッチってよく合いそうです」
     私はいそいそと自分のお弁当を開きました。ハムサンドとタマゴサンドとツナサンド。ごく普通の何の変哲もないサンドイッチで少し恥ずかしかったのですが、いただいた紅茶がピッタリだってことを伝えたくて、よく見えるように二人の間に置きました。
     こうなるとミヅチ先輩のお弁当が気になります。でも、先輩は恥ずかしそうにしているばかりで、紫色のふろしきに包まれたお弁当箱をなかなか開いてくれません。
    「自分で誘っておいてこういうことを言うのもなんだけど……、私のお弁当を見てもビックリしないでね」
     少し不安そうな声と共にふろしき包みが解かれ、お弁当箱のふたが取り除かれました。中には、イクラとウズラのゆで卵とニワトリのゆで卵――卵ばかりが何の料理もされずにそのままの形で入っていました。
    「ミヅチ先輩って卵が好きなんですか?」
     正直、ちょっとビックリしました。でも、きっと新しいダイエット法なんだろうな、などとその時の私はのん気に考えていました。
    「ええ。とっても」
     私があまり驚かなかったからでしょうか、先輩はいつもの静かな表情を取り戻すと、箸で器用にイクラを口に運び始めました。イクラを食べ終わると、箸はウズラのゆで卵へと移ります。よく見ると、口の中に入った卵は感触を楽しむように舌の上で転がされた後、噛まずに飲み込まれているようでした。ニワトリのゆで卵までもが噛まずに飲み込まれるのを見て、私は先輩の細い喉に卵がつかえないか心配になってしまいました。
    「やっぱり私の食事って変かしら?」
     口元をじっと見つめる視線に気づいた先輩が、眉を寄せて少し困った顔になりました。
    「い、いえ! ただ、ずいぶん斬新なダイエット法だなぁと思ったりしたもので……。最近、私もダイエット必要だなぁって感じてるので、参考にしようかなと……」
    「あら、アイちゃんにダイエットなんて必要ないわよ」
     困り顔をゆるやかな微笑みに変えた先輩が、おもむろに私の手を取りました。
    「暖かくて柔らかくて女の子らしいアイちゃんの体。ダイエットなんてしたらもったいないわ」
     さっき触れた紅茶の紙パックなどよりももっと冷やりとした感触が、私の手を包み込みます。こんなに冷たい体をした人が生きていられるものなのでしょうか。この世のものでないような悪寒のする冷たさ……。先輩の手が私から体温をどんどん奪っていき、意識も共に奪われていくような気がします。朦朧とし始めた私は残された意識の中で、やっぱりミヅチ先輩みたいに素敵な人は私なんかとは体の温度からして違うんだなぁ、などと考えていました。
    「アイちゃんってば、本当にかわいい」
     気がつくと先輩の顔が目の前にありました。先輩と私の間にあったサンドイッチと紅茶はどこへ行ったのでしょう。ベンチの下に落ちてしまったのなら、ちょっともったいないです。
    「眉の上できちんと切り揃えられた前髪も、血色のいい薄紅色のほっぺたもとってもかわいい。でも、一番かわいいのはくりくりした大きな瞳。初めて見た時、びっくりしたわ。なんて黒い瞳なんだろう、なんて綺麗な瞳なんだろう。他の子にはない輝きを放っていて、吸い込まれそうで。そして……とってもおいしそうで……」
     どうしてミヅチ先輩が私に向けて口を開けているのでしょうか。顎がはずれて大きく開いた口の中にはびっくりするくらい長く鋭い犬歯が生えていて、その合間で二股に分かれた舌がチロチロと動いています。チロチロと舌が私の左目に伸びてきて―――。

    ←前のページ 現在 1/3 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • 初めまして。遅ればせながら、拝読しました。
      ひとりの少女の視点からの丁寧な言葉と瑞々しい感性で語られることで、なんというか、どこかに実在する女学生の手記をこっそり読んでしまったような、そんな読後感でした。
      みなさまのコメントを見てから読み始めたせいか、怖いというよりも、百合らしい、繊細で楚々とした印象を持ちました。

      あとは『好きすぎて食べちゃいたい』、これ個人的に好きなテーマなので、そのあたりとても興味深く読ませていただきました。

      とてもおいしくいただけました。ごちそうさまでした。
      • 3 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • はじめまして!
      読んでいただいて、ありがとうございます。

      変身願望のおもむくままに時々、少女一人称小説を書いてしまう自分にとって、「実在する女学生の手記」や「繊細で楚々とした印象」というお言葉は大変嬉しいです。

      怖い話って書くのにコツがあると思うんですが、今だにそれがわかりません(笑)。

      「好きすぎて食べちゃいたい!」って気持ち、ご理解いただけますか。
      一見変態チックなのですが、実は普遍的に人間の暗部にある感情なのではないか、とも考えております。
      機会があればもう一度、掘り下げてみようと思います。

      お粗末さまでした。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 確かに全然怖くないので、ホラーとしては物足りなかったのですが、品のある妖艶を賞味させて頂きました。
      百合趣味はありませんが爬虫類は大好きです。

      うーん。怖くないのはネーミングその他で展開がほぼ読めてしまい、かつ、もっと怖いのを予想して身構えていたからだと。ほんとに怖いのは実は苦手なので、こういう展開のほうがほんとは好み。


      ところで、シソーラスで「食べる」をひくと 「性行為〔色々〕って出てきました。そうだったのか。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 怖くないですよね(笑)。
      よくこんなのホラーコンテストに出品したなぁと若気の至りに汗顔の至りです……。

      この時はとにかく「一つ目少女」が書きたくてしょうがなかったんです。
      あと「好きすぎて食べちゃいたい!」というのを実際にやらせたかったという。
      それと、山田詠美の『桔梗』という短編に強い影響を受けてますね。

      シソーラスのそれは「サー飲みで後輩君お持ち帰りして食べちゃった」的な表現かも?w
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ほかの方がみなさん「怖い」と書いてらっしゃることにあとから気づき。。。

      自分は怖がりだと思っているのですが、感覚ズレてるのかもしれません。

      それはともかく、一つ目にゾクゾク惹かれる感じはなんとなく。
      • 1 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • これを書いた時、グロテスクな生理的嫌悪感を感じてほしいと思っていましたが、怖がらせようとは思っていなかったので、「怖い」と感じなくてもズレていないと思いますよ(笑)。

      感想に「怖い」と書いてくださった方々は、おそらく「ある種の気持ち悪さ」を「怖い」と表現したのではないかと推測しております。

      妖怪的な一つ目少女にも、怪我や病気なだけの眼帯少女にも、心惹かれてしまいます……。
      • 1 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    •  初めまして。
       もの悲しいホラーが好きなので、とても好みでした。先輩が豹変するシーンの描写が、抑えた印象なので余計怖かったです。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    •  コメントありがとうございます!
       最近、小説を書くのことをやめてしまっていたので、upppiも見てなかったんです。
      返信とっても遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 怖いけれど、ミヅチ先輩のような人がいたらやっぱり惹かれちゃうのでしょうね。

      素敵なお話、ありがとうございました(ノ´∀`*)
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • For 和久井つぐみ様

       コメントありがとうございます!
       素敵なお話と言っていただけて嬉しいです!
       今読み返してみると、異種族間同性愛というテーマ上、主人公がミヅチ先輩に惹かれていく過程にはもう少し葛藤があってもよかったかも…、などと思います。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 予想外の展開ですね。おもしろかった。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • For ホラー軍曹様

       コメントありがとうございます!

       おもしろかったと言っていただけて、すごく嬉しいです。
       前半と後半で落差がありすぎですよね……。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • らしき
    • 作品投稿数:10  累計獲得星数:76
    • エログロと文学的表現を融合させてゴシック調の作品が書ければ……などと、高原英理先生の『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』(ちくま文庫)の影響を受けて妄想しております。

      現在読んでいる本
      『売女の人殺し』(ロベルト.ボラーニョ)
      『天使エスメラルダ』(ドン・デリーロ)


    • 関連URL
      ツイッター:http://twitter.com/lashiky665

    この作者の人気作品

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る