upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:嫁検分
閲覧数の合計:1651

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

嫁検分

作者:タカば

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    若干変化球投げてみました。ちょっと違った後味の話はいかがでしょう。


    登録ユーザー星:31 だれでも星:1 閲覧数:1651

    嫁検分 6218文字

     

    嫁検分

    「若菜、ついたよ」
     浩二に声をかけられて、若菜は顔をあげた。同時に二人が乗っていたタクシーが減速する。車は一軒の家の前で停車した。
    「さ、どうぞ」
     料金の支払いをすませると、二人は車から降りる。若菜は荷物を持ち直すと、目の前の家を見上げた。
     旧家というにはこぢんまりとしており、普通の一戸建てというには古めかしい。田舎町の古民家といった風情の建物だ。
     門柱の脇には『青柳』と浩二の姓が黒々と書かれている。
    「ここが俺の育った家。見た目は古そうだけど、中はリフォームしてあるから快適だよ」
     浩二の説明を聞きながら、若菜は硬い表情で頷いた。
     今日、若菜は恋人の生まれた家に招かれていた。この家の中では彼の家族が若菜を待っているという。
     いわゆる、結婚前の顔合わせというものだ。
     若菜は緊張をほぐそうと大きく深呼吸する。
     結婚するからには家族のつきあいになる。彼のご両親にまず認めてもらわなければ。
    「大丈夫だって。俺の家族はおおらかだからさ」
     そう言って浩二がほほえむ。若菜もなんとか笑顔を作って頷いた。
    「じゃ、行くよ」
     浩二がインターフォンを押すと、ピンポンと音が鳴った。すぐ後にばたばたと何人かの足音がして玄関が開く。
    「はい……おかえり」
     そこには品のよい老夫婦が立っていた。少し遅れて若菜と同世代くらいの女性が姿を現す。
    「父さん、母さんただいま。彼女が前から言っていた江角若菜さん」
    「はじめまして」
     玄関先で恋人の浩二に紹介されて、若菜は深く頭を下げた。
    「……二年前からつきあってて……その、彼女と結婚したいと思ってる」
    「そうか」
     父親が重々しく答える。おそるおそる顔をあげると、彼らはほっとしたような表情をうかべていた。
    「初めまして、若菜さん。私が浩二の父親の弘明だ。こちらが妻の美佐枝。それから……」
     父親が振り向くと、後ろで立っていた女性がにこっと若菜に笑いかけた。
    「浩二の姉の一美です。まあまあ玄関先でも何だし、上げってくださいな! とっておきのお菓子用意してるんですよ!」
    「これ、一美」
     父親の言うべき言葉を奪った姉を母親がたしなめる。しかし彼女は気にしていないようだ。
    「いいじゃないの、ねえ」
     一美の勢いに押されるようにして二人は家に上がった。



    「若菜さん、料理どうだった?」
     リビングのソファに座っている若菜に一美が声をかけた。
    「はい。すごくおいしかったです。こんなにおいしい鯛飯を食べたのは初めてです」
    「そういってもらえると、母さんと二人で腕によりをかけて用意した甲斐があるわ」
     一美は若菜に笑いかけると、その隣に座った。
     なごやかなお茶の時間のあと、若菜は青柳家で夕食もとっていた。今日はこのままこの家に泊まる予定だ。
    「あの、私は本当に手伝わなくてもいいんでしょうか」
     若菜はちらりと台所を見やった。そこでは『後片付けは男子の仕事』という青柳家ルールに基づき、浩二と父親が並んで食器を洗っている。母親もまた、浩二と若菜を泊めるための部屋の用意をしていた。
    「いーのいーの。二人とも料理作るのはからっきしだもん。これくらいは労働させないと。若菜さんも、結婚したらやらせるといいよ」
     くすくすと一美はまだ笑っている。
    「ふふ、ちょっと安心したな。若菜さん、いい人みたいだから」
     一美は笑う。
    「あの子、一回失敗してるから心配してたんだよね」
    「失敗?」
     若菜は驚いて一美を見つめた。この話の流れであれば失敗とは結婚の失敗を指すのだろう。だが若菜の記憶では浩二は未婚のはずだ。
    「あ……えっと……若菜さんもしかして浩二からきいてなかった?」
     一美の顔が焦りでこわばる。きいていないとは思ってなかったらしい。バツイチ、子持ち、など危険なワードが若菜の頭のなかでぐるぐる回る。浩二は優しい誠実な人のはずだ。嘘をつくとは思いたくないが……。
    「ごめん忘れて! ……って、無理か。気になるよね」
     当たり前だ。若菜はこくこくとうなずく。
    「……うーん……浩二たちはまだお皿洗ってる、ね」
     一美は台所をうかがった。そこではまだ浩二たちが水音をたてて洗い物を続けている。一美は彼らに話が聞こえないよう声のトーンを落とした。
    「私が教えたっていうのは内緒にしてね。……実はね、4年前に一度結婚が破談になったことがあるの。今日みたいに浩二が恋人を連れてきて、挨拶して、縁談をすすめようってことになったんだけど……」
    「破談になったんですよね? 何があったんですか?」
     ふう、と一美は息をついて眉間にしわをよせる。
    「その女、結婚詐欺師だったの。未婚で浩二の一つ上って話だったんだけど、本当は十歳上のバツイチ子持ち。しかも父親のわからない子供を2回も堕ろしてた」
    「……!」
    『堕ろした』の一言に若菜の顔が引きつった。
    「同じ女として信じられないよね。二回もなんてさ」
    「そ……そうですね」
    「顔みせの挨拶の次の日に、お父さんがどうしても素性が気になるって言って興信所やとってね。そうしたら出るわ出るわ、もう真っ黒の嘘だらけでさ……やーあの時は大変だったわ」
     一美はしみじみと頷く。結婚詐欺師との破談騒動だ、今は軽く話しているが当時は家族全員が本当に大変だったのだろう。
    「私たち家族はみんな若菜さんに感謝してるの。あんなことがあって傷ついてた浩二に、また結婚しようと思わせてくれたんだから。これからもよろしくね」
    「……あ」
     若菜が答えようとしたその時、リビングに母親が戻ってきた。
    「浩二? ちょっといいかしら」
    「何、母さん。布団を押入れから出すのを手伝ってほしいとか?」
     浩二が洗い物の手を止めて顔を出す。
    「それはもうやっちゃったわよ。それより、あなたお仏壇に手をあわせてないでしょ。私も若菜さんが来て舞い上がって忘れてたわ」
    「あーそういえば」
     まだ水滴のついた手で浩二はぽりぽりと頭をかく。
    「お仏壇、ですか?」
     若菜が声をかけると母親は頷く。
    「ええ。若菜さんもごあいさつをしていただけるかしら」
    「はい、もちろん」。
     若菜が立ち上がると母親は二人を連れて奥の和室へと案内した。六畳ほどの小ぢんまりとした部屋には立派な仏壇と何枚もの遺影が飾られていた。浩二は慣れた様子で仏壇前の座布団に座る。若菜もその後ろに座った。
     元は大家族だったのだろうか、遺影はモノクロからカラーまで何枚もある。仏壇前に座っていると、彼らに一斉に凝視されているようで若菜は落ち着かなかった。
     浩二はチーン、とおりんを鳴らす。そのまま丁寧に手をあわせると囁くような声でお経を唱えた。静かな部屋の中で、浩二の声だけがゆっくりと和室の空気を満たしてゆく。
    「……もういいよ」
     お経が終わると、浩二は座りなおして若菜を振り返った。若菜も顔をあげる。
    「ごめんな、つきあわせちゃって。うちの親父はサラリーマンだし、血筋だなんだっていう時代でもないんだけど、親戚の中ではうちが本家筋ってことになってるんだ」
    「でも、浩二さんはお仏壇にまつられてるご家族のこと、大事にしてるんでしょ?」
     若菜がそう言うと、浩二はちょっと驚いたようだ。
    「そう見える?」
    「だってお経をあげてるとき、すごく優しい顔してたから。子供のころはおばあちゃん子だったりする?」
    「う……実は、ばあちゃんっていうよりはひいばあちゃん子……だった」
     おばあちゃん子、という表現が二十代の男としては恥ずかしかったのだろう。がりがりと頭をかきながら浩二は顔をそむける。
    「うち、共働きだったからじいちゃんとばあちゃんと、それからひいばあちゃんの三人で育てられたようなもんなんだ。その……引く? こういうの。いい年しててもひいばあちゃん好きとかって」
    「どうして? いいじゃない。浩二さんが好きだったんだから、とてもいい方たちだったのね。私も会ってみたかったわ」
     この家に嫁ぐからには、お経も覚えないとね。そう言って若菜が微笑むと浩二はほっと息を吐いた。
    「は……はは、やっぱり若菜はいいなあ」
    「え? 何、どうしたの?」
    「んー、まあこっちの話。さて、そろそろ寝る準備をしようか」
     苦笑すると浩二は立ち上がった。すぐ隣の部屋に続くふすまを開ける。そこには真新しいシーツにくるまれた布団が二組敷かれていた。

    ←前のページ 現在 1/2 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • ぁらいい話(笑)
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 怖くはないです
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ほんわかしたラストが良かったです。
      作中のひいおばあちゃんが、「サマー・ウォーズ」の栄おばーちゃんを彷彿とさせてくれました☆
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 初めまして。

      こういうかっこいい幽霊? になれたらいいなぁ と思いました。

      怖さはあまりありませんでしたが、「いいお話」ですね。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 良かったです^^
      素敵なお話でした☆
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    •  読ませていただきました。
       いいお話でした。結婚するときは生きてる親族でも相手をするのは大変なのに、死んだ人達に囲まれたら怖いですよね。しかもひどいこと言われて……。ひいばあちゃんかっこいいです。さすが年の功です。きっと幸せな夫婦になるでしょうね。子供も一緒に。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ひいおばあちゃんかっこいいなあ。
      いい話でした。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 素敵なお話ですね。読後が爽やかなホラーっていいですね!
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 楽しんでいただけてよかったです。
      悲劇や不条理満載の話もいいですが、たまにはこんな話もあってもよいかと。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • いいお話でした。

      文章に無駄な部分も多いので、思い切って簡潔にするのも良いのではないかと思いました。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ご指摘ありがとうございます。
      しかしながら、冗長な部分について具体的にご説明いただけないでしょうか。
      改善できなくて困ってしまいます。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • (ノ´∀`*)素敵なお話をありがとうございました。

      私も嫁に行って初めてのお盆に、旦那方のご先祖さま大集合に会ったことがあるので思い出しちゃいました(笑)
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • まじですか!
      実はうちも旦那が私の実家で死んだじいちゃんに会ったらしいです(今回の元ネタ)。結構気にしてるご先祖多いみたいですね……。
      • 1 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 良かったです;;
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 嬉しいです!
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • はぁーどうなるかと思ったけど。
      良いお話でした。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 良い話を言っていただけてうれしいです。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 安心して読めるおはなしでした。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 楽しんでいただけたようでよかったです
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • この話思い出しました。http://yoshizokitan.blog.shinobi.jp/Entry/7091/
      怖いというよりほのぼのですね
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • そういう話あるんですね!
      最近のオカルト板あまり見ないので知りませんでした。

      たまにはこんなのもありかな、と。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ( ;∀;) イイハナシダナー
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ホラーというと最後ぞっとするか後味悪いかですが、たまにはこんな変化球もよいかなと。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • タカば
    • 作品投稿数:5  累計獲得星数:105
    • 普段はゲーム作ったり、遊んだりしてます。
      サイトでもいくつかサウンドノベルを公開しておりますのでついでにどうぞ
    • 関連URL
      :http://geboku.egoism.jp

    この作者の人気作品

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る