upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:人事部のワタナベさん
閲覧数の合計:294

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

人事部のワタナベさん

作者:ばらっど

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    処女作です。
    「世にも奇妙な物語」風味の、ホラーというか不思議な話。

    リストラ候補の怠け者社員である長沼が、名前以外全てが謎の人事部員「ワタナベさん」の謎を興味本位で追っていきます。
    拙文、長文、ご容赦ください。


    登録ユーザー星:0 だれでも星:0 閲覧数:294

    人事部のワタナベさん 11998文字

     

     同期である千葉がリストラされたという報せは、長沼にとって驚く事では無かった。
    「やはり」という思いがすぐに出て、少し遅れて憐れむ気持ちが追いついてきた。千葉は気のいい男であったが、抜けた所が目立ちすぎて、ビジネスマンとしてぎりぎり、使い物にはならなかったからだ。
     だから同情の気持ちこそあったが、大きなショックを受けるという事はなく、次の日の仕事に支障を与える事もなかった。

    「会社勤めに向いていない奴だったんだなあ、田舎で農家でもやっていたほうが幸せだろ」

     同僚が吐き出す言葉は薄情な物ではなく、実際、千葉はそういう方が幸せであるに間違いない男なのだ。それにしたって、この喫煙室内の会話は、いかにも他人事然としている。単なる同僚相手に向ける情など、このくらいでも十分とは思う。
     しかし長沼の頭の中には、同情とは違う気持ちが芽生え始めてきていた。即ち、このリストラが、千葉一人では終わらないだろうと思っているのだ。
     長沼は千葉と同時期に営業部に入ってからというもの、割と気楽に過ごしてきた。多少営業成績が下がった月が有っても、ほぼ間違いなく下には千葉がいたからだ。長沼の調子が悪い時は、千葉はもっと成績が悪いから、目立った叱責はたいてい千葉が被ってくれたものだ。
     しかし、当の千葉が真っ先にリストラされてしまうと、次なる候補に長沼が入っても可笑しくはない。何せ長沼の成績は上司が激怒する程でもないが、決して褒められた物では無い。そそっかしいのか、物を失くす事も多い。この間も、書類を紛失して小言を食らったばかりで、心証も良くは無いだろう。
     決して無名ではないこの会社も、不況の煽りは食らっている。人員削減がこれ以上進んでいかない保証はない。

     「気が重いな」と呟きながらポケットを探る長沼だったが、またライターが一つ無くなっている。どの道ガス切れで捨てようと思っていた物だから問題ないのだが、これも一種のリストラか、と鼻で笑った。

    「こういうライターとか消しゴムとか、気づいたら無くなっているよな。千葉の奴もその一つになっちまった」

     そんな事を言いながら喫煙室を出た長沼は、部署に戻る気にもなれず、人気のない方を選んで歩き出す。
     あまり上司の顔は見たくないが、気楽に訪ねて行ける営業先も無いのだろう。改めて、営業としての資質の無さに落ち込んだ。
     普段使われていない階段側の通路を歩いて行くと、清掃員の結城が、壁にもたれて暇そうにしている。彼女は女性として枯れ切ったとは言わないが、トウが立っているから若くない事は間違いない。掃除をするよりも、OL相手にゴシップ話をしている姿のほうがよく見かける。こんな歳して旦那も居ないから、若い社員に色目を使うこともある。
     どうせクビにするならこういう奴からにしろ、と内心で悪態をつきつつも、サボりにきている事を漏らされても困るので、長沼はなるべく遠巻きに通り過ぎた。
     ここを曲がれば非常階段につながり、人の目が無くなる。たまに訪れて物思いに耽るには最適な場所だ。だが、いざ角に差し掛かると、何やら人の気配を感じて立ち止まった。「なんだ、先客か」と渋い表情を浮かべてみた長沼だが、角の向こうから聞こえてきた声には興味を引かれた。

    「しかし参るな。必要なこととはいえ、部下の首を切るっていうのは」

     長沼の所属する、営業部の部長、大平だ。どうやら、千葉をクビにした事について話しているらしい。続けて違う声が聞こえてきたが、これは人事部長の松代だ。

    「持ち続けて損失が出るような物は、やはり捨てなきゃならんよ。しかし面と向かって言うのは確かに心苦しい、管理職も気苦労が多くて困るな」
    「いまどき法律も煩いんだろ。一方的な解雇は本来違法だとか何とか、やり辛いったら」

     「勝手なこと言いやがって」と長沼は思った。「そっちは一方的に首切るだけなんだからまだ気楽じゃないか。切られた方は再就職なんか絶望的なご時世に路頭に迷うんだ。こんな所で人を避けて話すほど後ろめたい癖に」聞こえないよう文句を垂れても、面と向かって言える筈もないことではしょうがない。長沼は仕方なく踵を返そうとしたのだが、続けて聞こえてきた話題に思わず耳を済ませた。

    「やはりワタナベさんだな。こういう事の処理は」
    「ああ、何せ後腐れも無く綺麗に処理してくれるからな。要らない物はワタナベさんに任せばいい」

     ワタナベという名前に、長沼は聞き覚えがなかった。この会社にそんな社員が居ただろうかとも思ったが、部長二人の話しぶりを聞くに、そのワタナベさんとかいう人物が、会社のリストラ担当でもしているのだろうと思った。

    「それも、この口ぶりから察するに敏腕に違いない。そいつが千葉を切ったのか。そうするとワタナベさんとやらは、我ら平社員には天敵のような奴だな」

     ワタナベさんに関しての長沼の印象は、このような形に固まった。

     「だが、千葉だって辞めさせられるとなれば文句も言うだろう。それを後腐れなくとは、ワタナベさんってのは説得の上手な人なんだろうか。だとすれば、そういうやつを営業部に置けば、成績不振に嘆く事も無いだろうに。こっちは毎日何社も駆けずり回って、自分でも買いたくならないような物を売ろうとしてるっていうのに……話し方の秘結でもあれば教えてもらいたいくらいだ」

     そんな事をぼやきながら、喫煙所までの道を戻って行く途中、長沼の頭にぴん、と明るい閃きが浮かんだ。

    「……そのワタナベさんに気に入られれば、とりあえずリストラの候補からは外れるんじゃないか」

     長沼にとっては天地をひっくり返すような閃きだ。
     途端に手足に血が巡って来る気がする程に。

    「そうだ。今更商品を2、3個売れたって、リストラされる時はされるんだ。だったらそのリストラ担当に自分を売り込んでやればどうだ。たった一回の話でリストラ候補を外れられるんじゃあないのか」

     長沼の胸中に、もしワタナベさんの機嫌を損ねたら、という考えは無い。不安にもなるが楽観的にもなる。身勝手な事だが、良かろうが悪かろうが目先しか見えないのが長沼という男だ。
     その日の夜、長沼は自社の社員相手に接待プランを考えて寝不足になった。

                     ◆
     
     次の日、長沼は大平にワタナベさんについてそれとなく聞いてみたが、その瞬間に大平は眉間に深い皺を作った。

    「良いからとっとと仕事をしろ。千葉が抜けて人手も減ったんだから、解った
    な!」

     だったらリストラなんかするなと長沼は思ったが、大平の剣幕に委縮して、渋々と自分のデスクに戻った。しかし、大平があまりに一方的に話を打ち切る事には違和感を覚えた。「なるほど、リストラ担当者と社員が関わりを持てば、少なからず情も持つ。まして自分のように個人的に気に入られようとする人間も出てくるだろうしな」
     そういう事を懸念しているのだと長沼は確信した。逆に言うと、長沼が考えたように気に入られさえすれば、リストラされ難くなるかもしれないということだ。だったら尚更、ワタナベさんに会ってやらないと。決意はより硬くなるだけとなった。

     リストラ担当なら人事部に居るだろうと考えた長沼は、こうしては居られないと席を立ったのだが、ふと机の上を見てみると、何やらもやっとした感覚を覚えた。

    「あれ。誰か、俺の机片付けた?」

     周りの席の連中は、一様に首を振った。しかし、机に置いておいたはずの革の手帳が無い。デザインが気に入って買ったが、結局中身はまっさらなままの物だ。
    「別に無くなって困る物じゃないが、どこに行ったかな。おそらく鞄かどこかに入っているんだろうけど」
     さほど気にもせず、長沼は廊下に出ていった。

    「…………どこから話を聞いたのか知らないけど、ワタナベさんは居ないよ。というか、探しても会えないんじゃないか、忙しい人だからね。用があるなら私が言伝を預かるし、無いなら帰りたまえ」

     人事部へ訪ねたところ、部長の松代には、長沼が話を割り込ませられない程にまくしたてられて追い出された。どうも部長二人は、ワタナベさんについてよほど触れられたく無いらしい。
     松代は最初、大平とは違って、驚いたように目を丸くしていたのも気になった。話している最中、目線がふわふわと泳いでいたのも妙だ。

    ←前のページ 現在 1/4 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • 拝読しましたので、拙いながらも感想を残させていただこうと思います。

      一読目では気づけませんでしたが、処女作とは思えないほどしっかりした作品ですね。
      ただ、序盤の引きの弱さと、ちりばめた伏線がややわかりにくいところで損をしているように感じました。
      書き方(キャラクターの見せ方)しだいで、もう少し評価はのびるんじゃないかなと思います。

      あと、若干推敲不足を感じる箇所も…(ボソ
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • コメント、評価ありがとうございます!
      長い話にしてしまったため、気軽に読んで貰えないのではないかと不安だったのですが…
      本当に励みになります、嬉しいです!
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • この話、おもしろいです。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • おお、コメントありがとうございます!
      自分がよく物を失くすので、そういう妖怪の話を書こうとしたつもりだったんですが、なぜかこうなりました(´д`)
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • リストラとホラーを結びつけたのって斬新ですね。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    この作者の人気作品

    • その他の危険
      その他の危険

      └短編作品です。 「!」だけが記された「その他の危険」標識。 山道に設置されたその標識から、二

    小説 ホラーの人気作品

    • 腹切ショー  by TOMS

      └悪徳医師と悪徳興行会社に操られ、奇妙な興行をさせられる男。裏稼業で莫大な富を手にする男。男の運命は壮絶な最期を迎える。

    • 蛇百合  by らしき

      └ “百合モノ”+“人外モノ”です。 怖くないのでホラー小説コンテストへの参加資格はないのかもしれませんが……。 よろしくお願いいたします。

    • 遺骨  by night

      └とあるバーでであった奇妙な男女の話。

    • 悪魔のスマホ  by 宙 佳吹

      └弘司と洋子は、突然スマホが故障したため、無料のスマホを入手した。ところが、そのスマホは、超ヤバーイ、 スマホだったー! その後、何人もの男女が、そのスマホを入手…

    • 【子供に読み聞かせたくない童話…  by ふじたばくや

      └これはとあるサーカス団のお話。みなさん、ピエロの顔はどうして“白”なのだと思いますか?それは、とてもかなしい理由があったのです…。

    続きを見る