upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:
閲覧数の合計:241

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

作者:50まい

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
    • タグ:
  • 編集協力者:

    暗闇で目が覚めた。
    *これは実在する事件や事故や災害の事に触れています。ご不快に思われる方はご注意下さい。


    登録ユーザー星:0 だれでも星:0 閲覧数:241

    7891文字

     

     がりがりがりがり…。

     僕ははっと目を覚ました。
     真っ暗だ。僕の感覚では確かに目を開いている筈なのに何も見えない。背と頭に固い物が当たりどうやら僕は仰向けで寝そべっているらしいと理解する。上半身を起こしてみると、ただ、真っ暗だった。僕の周りには何もない。本当に、何もない。ベットも机も椅子も建物も、何もないのだ。ただ僕だけがぽつんと、暗闇の中で独りいるようだった。そこで僕は気がついた。なんだ、これは夢だ。こんなに何もないところに行ったことはないし、この空間はとても広いようで、生活感というものがまるでなかったから、これは夢でしかあり得ない。そう納得すると、心がすとんと落ち着いた。

     がりがりがりがりがりがり…。

     異様な音がするのに気がついて、僕は真後ろを振り返った。
     そこには、小柄な老人がいた。お世辞にも綺麗とは言いがたい、鈍色(にびいろ)の着物を着て、僕に背を向けて何かしている。何をしているのだろうか。そう考えている間にも音は続く。
    「すみません」
     僕はその老人に声をかけた。

     がり…。

     音が止まって、老人が振り返った。白髪(はくはつ)で、皺に埋もれた顔を見ると、年の頃は六十ぐらいだろうか?僕を見て、おやというように伸びきった眉毛をあげた。
    「何をしてらっしゃるんですか?」
     不思議と恐怖心はなく、僕は後ろから老爺(ろうや)の手元を覗き込んだ。

    …111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111…

     僕は唖然とした。数字の1の羅列、ただ1と言う字を老人は地面に木の枝で書いているのだった。
     「1」という字の練習?もしくはアート、とか?これを遠くから見たら、モナリザの絵になっているのかもしれない。
    「…これはなんですか?」
     僕はもう一度聞いた。老人は僕を上から下まで、じろじろと見ると、すっと立ち上がった。
    「ついてきなさい」
     濁りのない美しい声だった。僕はすんなり頷くと、歩みの遅い老人にあわせるように、ゆっくりと後ろからついていった。
    「きみは日本人だな?」
    「え、ああ、はい」
     明らかに日本語を話す老人が、純日本人の僕のどこを見てそう確認したのかはよくわからないが、とりあえず僕は頷いた。
    「今は何年だ」
    「え、っと、2012年、でした。確か」
     曖昧なのは僕が大半の日本人と同じように、日常的に過ごしている年を意識していないからだ。まだ、2013年にはなっていなかった、はず。たぶん。
    「2012年か」
     老人は嗄(しゃが)れ声で独り言のようにぼそっと言った。
    「オウム地下鉄サリン事件」
     いきなり、老人は言った。なんだかこの空間に似つかわしくない単語を聞いた気がして、僕は面食らった。
    「え、あの」
    「世田谷一家惨殺事件」
     老人は淡々と言った。
    「JR福知山線脱線事故」
     知っているかということだろうか?確かにどれもこれも聞いたことのある事件の名称だが…。
    「秋葉原通り魔事件」
     老人の歩みは止まらない。床にはびっしりと「1」が並び、しかし法則があるようで、時折途切れ、間を開け、また「1」が並ぶ。
    「日本航空123便墜落事故」
     老人の足が、ぴたりと止まった。
    「知っているか」
     やはり知っているかと問いたかったのだと僕はほっとしながら頷いた。
    「はい。知っています。御巣鷹山(おすたかやま)の…ですよね?」
    「どういう事故だった」
    「ええ、と、飛行機が墜落して、多くの人が死んだと…」
    「520人だ」
     老人は続けた。
    「生存者は4人だった」
     僕は驚いた。520名という死亡者数よりも、生存者の4名という数に。520という数は、僕の身近にはなくリアリティをもてず、とりあえず沢山死んでしまったんだと思った。そんなにすごい事故だったのか…その頃生きていなかった僕には事故の強い記憶はない。伝え聞いた情報だけだったから、改めてその数に驚いた。
    「そう…なん、ですね」
     なんと言って良いかわからず、僕は曖昧に頷いた。
    「520という数がわかるか」
    「は、い?」
     老人がどういう意味で問うているのかがわからず、僕はこれまた曖昧に頷く。
    「数・・・は、わかると思いますけれど・・・」
    「見ろ」
     老人が指を指した。地面だ。僕は見た。

    …1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111…

     今まで見た「1」となんの変化がある訳もなく、ただただずらりと「1」が続く。これがなんだというのだろう。
    「なんですか?なにかあるのですか?」
     僕は地面に顔を近づけてみた。棒が一本引かれたような乱雑な「1」。いや待て、やっぱりこれは数字の「1」ではないのか?雨…とか?
    「これが、520だ」
     僕は、はっとした。慌てて身を引く。そうか、これは!

    1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

     僕は地面から老人に目を移した。老人の瞳は凪いでいた。僕はいつの間にか、全身にじっとりと汗をかいていた。
     数えるまでもなかった。これは520ある筈だ。つまり、これは全て人なのだ。
     これがすべて、ひとなのだ…。
     僕はごくりと唾を飲んだ。浅く呼吸をしながら、喉がからからになっていることを知った。
     これだけの人が、一度に、死んだ…。
     改めて、僕は現実を見せつけられた気がした。事故や事件、テレビを通して見るものは、事実だとはわかりつつもどこか現実味がなく、自分に関係のないことだとすぐに忘れてしまう。
     しかし僕も、この中に入れば地面から僕らを見つめるちっぽけな1でしかない。報道される死亡者数を、文字や言葉は数字でしか表さない。その1が、たったひとつしかない、かけがえのない1人だったかということも、どんな人だったか、善人か悪人か、そんなことも全く関係なく、ただメディアは報道する。数字という事実のみを。
     老人は再び歩き出した。
    「アメリカ同時多発テロ」
     僕はついて行くしかない。歴史上の大事件を知らないわけもなく、老人が指さす先を疲れたように僕は見た。その意味を知ってしまった以上、見たくは、ない。だが目を逸らすことはできなかった。同じ命を持つ人間として。

    11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

    ←前のページ 現在 1/2 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • 初日から一生懸命、コンテストのエントリー作品の3分の2くらいを拝見しました。全てを読みきることはできませんでしたが、私の中で1番の作品はこちらです。とても心に残りました。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • happaさん、こんにちは。
      あまりに嬉しすぎる言葉に、我が目を疑いました。
      そう言って頂けて、心の底から狂喜乱舞しております。
      コメントどうもありがとうございました…!
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 事件や事故のあと、死者~人と一口に言ってしまいますが、その裏を考えるとやりきれなくなりますね

      50まいさんの作品はどれもメッセージ性が高いですね。
      • 0 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 三塚章さん、こんにちは。
      つい聞き流してしまいがちなただの数字、その意味を考えて欲しくて書いたものでした。本当に、やりきれません。
      確かに私が書いているものは読んでいる方に訴えたいことがあって書いていることが多いような気がします。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • 50まい
    • 作品投稿数:11  累計獲得星数:22
    • 目を通していただいてありがとうございます。

      はじめまして。50まいといいます。

      伝えたいことが言葉にしなくても伝わるような小説を書いていきたいです。
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る