upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:古代×平安
閲覧数の合計:591

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

古代×平安

作者:緒方あきら

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    前回に引き続き擬人化BL、会話形式文章。
    今回は時代を擬人化しております。
    クスッとしていただけましたら嬉しいです♪


    登録ユーザー星:7 だれでも星:2 閲覧数:591

    古代×平安 911文字

     

    古代×平安

    CAST、劇中表記
    古代:♂:
    平安:♂:

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    古代:よう平安。相変わらずけまりでもしてるのか?
    平安:失礼な!こんな室内でそんな野蛮なこと、しません!
      今は和歌を詠んでいたところです。
    古代:へぇ…見せてみろよ。
    平安:ああ、ダメです!勝手にみないでください!
    古代:いいじゃねーかよ、どれどれ…。愛しき君を常に思ふ…?
    平安:そ、そこだけ声を出して読まないで下さい!もう…。
    古代:ったく何を書いてんだよ。…でさ、この愛しき君って…誰?
    平安:え…。そ、それは…。
    古代:誰のことだよ?言えよ、平安。
    平安:それは、その…。
    古代:素直にいえないんなら…よっと!
    平安:うわぁ!いきなり何をするんですか!?
    古代:狩りは慣れっこなんでね。今日の獲物はなかなか上玉だな。
    平安:や、やめてください…。こんな風流な満月の夜にこのようなこと…。
    古代:月明かりでよく見えるぜ…。
    平安:な!?着物を脱がせ…こらぁ!
    古代:お前の高床式倉庫の中身を見せてみろよ…。
    平安:こ、こら…ねずみ返しじゃないんですから…。ほどかないで…。
    古代:ほどかないと、おまえの竪穴式住居にたどり着けないだろう?
    平安:そ、そんな古典的表現…。
    古代:じゃ、やんごとなしとでもいえばいいのか?ほらほら!
    平安:ひ、人の着物を脱がせて何がやんごとなしですか!やんごとありです!
    古代:じゃ、いとおかしいだな。ふふ…。
    平安:それをいうなら、いとおかし!です!笑いごとじゃありません!
      こんなの…おかしいですよ!
    古代:だからいとおかしいんだろ、ほら…これはどうだ…。
    平安:だ、ダメそんな…。
    古代:ところで、俺のくさなぎをみてくれ…。こいつをどう思う?
    平安:すごく…ヤマトタケルで…って、何をするんですか!?
    古代:狩りの獲物をおいしく頂かないとな…こうして…
    平安:んあ!きゅ、旧石器ぃぃぃ!
    古代:とっておきの土器土器(どきどき)をくれてやるよ…
    平安:も、もうだめ…。あ、あ…た、たてまつるぅぅぅぅぅ!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    終わり

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    • 緒方あきら
    • 作品投稿数:6  累計獲得星数:31
    • はじめまして。
      声劇台本、小説、脚本、ボイスドラマのシナリオライターなどの活動をしております、緒方あきらと申します。
      是非Twitterやブログのほうにもお気軽にお越しくださいませ。
      シナリオ、脚本のご依頼などいつでもお待ちしております!また他所で公開している作品にイラストを頂ける方、M3などのイベントにイラスト参加くださる方も大募集中です。アクセスの多いサイトですので、イラストの宣伝をしたい方も是非!活動経歴などもお知らせできます。
      お気軽にTwitterなどにご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします。
    • 関連URL
      twitter:http://@akiratypeo913
      ブログ:http://ameblo.jp/akira-typeo/

    この作者の人気作品

    小説 ボーイズラブの人気作品

    続きを見る