upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:理想の嫁は、風俗女
閲覧数の合計:473

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

理想の嫁は、風俗女

作者:電脳ポット

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    もてない男の悲哀を、吐露してみました。。。「モテる男は辛い!」のもてない版です。


    登録ユーザー星:7 だれでも星:3 閲覧数:473

    理想の嫁は、風俗女 2498文字

     

     理想の嫁?

     そんなもの、風俗女に決まっているではないか。どんなことでも受け止めてくれる度量の深さと、絶妙なテクニック。彼女等の他に、どんな理想があるというのだ。これは、今さら、問われるべき問題でもないと思うが、今の世の中、こんな本音を云うと、怪訝な顔をする連中が多いのも事実だ。でも、ちょっと考えてみてほしい。一般的な婚姻関係でも、そこには、必ず金の問題が絡んでいるはずだ。いや、どんな結婚でも、金が絡んでいないはずがない。ならば、風俗女を理想としても、そんなに悪いことではないはずだ。

     ただ、本題に入る前に、ここで一つハッキリさせておきたい事がある。それは「僕は女が嫌いだ!」ということだ。もちろん、男が好きとかといったことではない。僕の本能は、女が居ないと狂いそうになるほどの女好きだ。が、しかしである。あの女の汚らわしさはどうだ!計算高く、身勝手でずる賢い、本来は、近寄ることさえ嫌なのだが、僕の男としての本能が、女を欲してしまう。

     それゆえ、二次元女に走りたいとも思うのだが、やはり何かが違う。確かに、二次元女は、従順で汚れなき心をもち、すべてを受け入れてくれる優しさも兼ね備えている。まさに理想の嫁であり、どうして、生身の女は、彼女達のように素直になれないのかとも思う。だが、所詮は僕と同じ、もてない男が演出した理想の女。理想を演出しながらも、どこか生身の女と同じ、惨忍さを秘めている。僕が、どれだけ恋いこがれても、何の反応も返してはくれない。まさに今日、味わった、あの感覚と同じだ。僕の気持ちをもてあそび、別の男の元へ、主人公の元へと去っていく。それなのに、あの無邪気な微笑みだけは、相変わらず、僕に向けたまま。こんな惨めな思いをするくらいならば、きっぱりと「嫌いだ!」と拒否された方が、どれだけ救われることか。

     もちろん、二次元女の生まれ変わりか!と、思えるほどの生身の女に出会うこともある。されど、その勘違いも、ほんの束の間。その本性、惨忍さを思い知らされたときの絶望感は、とても耐えられるものではない。しかも、彼女達のそれは、無自覚で本能的に行っているがゆえに、たちが悪い。いや、その無自覚さゆえに、平気で惨忍なことができるのであろう。例えば、好きな男と、僕に見せる態度の違い。本人達は、同じように優しく接しているつもりであろうが、僕も、つい勘違いしてしまうのだが、その態度の違いは、隠し通せるものではない。そう、好きな男には、どんな媚でも売るが、決して選ばれることのない僕には、同情心以外、何も与えてはくれない。その証拠に、僕が好意を示そうとした途端、彼女達は急変し「これ以上は近づかないで!」とばかりに、怪訝そうな表情を浮かべる。しかも、その表情は、僕以外の者には分からないようにだ!そう、彼女達は、誰にでも優しい女性を演じなければならないのだ。だから僕は、その生け贄!「嫌われ者の僕にさえ、優しくできる女性」を、演じるための道具なのだ。つまり、これは僕へのメッセージではない。好きな男へのメッセージであり、女友達へのメッセージで、そして、自分自身を納得させるための保険でもある。だから、僕に対して、あれほど惨忍なことをしても、その自覚さえないのだ。

     それゆえ、生身の女を信じてはいけないのだ。

     では、風俗女はどうか?もちろん、彼女等も同じ生身の女!ずる賢さも、惨忍さも備えているが、彼女等は、そのことを十分に自覚している。決して淡い期待など抱かせず、本音でぶつかってきてくれるし、そのことを分かっているがゆえに、互いに、その駆け引きを楽しむことさえできる。だけど、生身の女はどうだ!性的興味がないかのような純情さを装いながら、僕が懸命に選んだプレゼントだというのに、無理矢理渡されているかのような態度で、僕からさまざまなものを奪っていく。しかも、さんざん期待させておきながら、手すら握らせてはくれない。この女のどこが、純情というのか?まさに、詐欺師ではないか!

     その点、風俗女は違う。満面の笑みでプレゼントを受け取ってくれるし、その後のサービスも満点。生身の女のように「何でも良い」と云いながら、自分が気に入らなければ、途端に機嫌が悪くなり、別のプレゼントを要求してくることもない。風俗女は、たとえ小さなケーキ一つでも、大げさに喜んでくれるし、話しも、ちゃんと聞いてくれる。僕は、どうすれば彼女が喜ぶかを懸命に考え、眠れぬ夜を過ごす必要もない。あの夜のように、2ヶ月前に予約したレストランで、懸命に覚えた、ワインや料理の知識を教えてやっているのに、軽蔑するような目で見下されることもない。

     もちろん「金の切れ目が、縁の切れ目」ということはある。だが、生身の女も同じ。愛だ!何だ!といっても、所詮は金しだい。結婚相手に求める年収は、一流企業に勤める僕でさえ、とても稼げる金額ではない。さらに、付き合っているときでも、何かの記念日といっては、いろんなものを要求してくる。それでいて、稼ぎの良い御曹司を見つけると、簡単に俺のことを見捨て、そいつのとこへ行く。
     世の中の人々は「男は金を稼いで、女を養わなければならない」と云う。ならば、風俗女に支払っている金も同じではないか・・・彼女等は、僕を裏切ることはない・・・と、思う・・・ 支払った対価に対する最低限のサービスは行って・・・ だが、だが・・・

    ・。 。・。 ・

     などと、俺等が憧れる「祐子さん」に、今日、見事に振られ、居酒屋でくだを巻く俺の悪友、正雄。あまりに可哀想だと思う反面、どこか、顔がにやけてくる俺は、やはり最低の男だろうか?ちなみに、俺の理想の嫁は風俗女ではなく、もちろん、我が社の受付嬢「祐子さん」である。

     さて俺は、正雄を、これから奴が云う、理想の嫁のところへ連れて行かなければならないので、この辺で失礼したいと思う。では、女に虐げられる俺等男どもの健闘を祝して、乾杯の音頭を!

     「哀れな正雄に、乾杯ィ〜!」

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • 随分と極端な持論だなぁと思っていたら、まさかの正雄さん!何とも言えない悲哀とユーモアがありますね。それにしても、この話をきちんと聞いてあけわた作者の優しさが素晴らしい。男友達かくあるべし!正雄さんと作者さんが良き伴侶に巡り会える事を祈ってます。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • コメント、有り難うございます。
      何なんでしょうか ^^? 男友達って… 特に、女が絡むと… でも、親友っていえるレベルになると、「しゃぁ〜 ないな ^^;」って感じで、笑える仲になれますよね。 でもでも、これが、ただの友達だと、結構ドロドロで、女を取り合う感じだと、もう最悪ですね。 この違い、何なのでしょうね ^^?
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • オチはどう来るのかな? どう捻るのかな? とわくわくしながら読みました。
      すみません。女です。


      女なんですけど、説得力はありましたよ。
      プロ意識と優しさを兼備した一夜妻に、正雄くんが癒されてますように。

      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 有り難うございます ^^!

      この話し、実は、、、というか、お分かりかと思いますが、エッセイ風に書いていて、急に正雄が現れてきて・・・
      書きながら、これは女性に非難されるのではないかと、ヒヤヒヤものでした ^^;

      なので、非難されたときの言い訳として、正雄に登場してもらったのですけど。。。自分でも、良いオチが出来たと、驚いています。

      辰波さんに、理解していただき、ほっとしております。ありがとうございました。
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 説得力ありましたw
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 有り難う、ございます。
      そういっていただくと、正雄も、さぞ ^^!
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • コンテストの趣旨とちょっとズレてないかな~と思いつつも、クスりとしたので、足跡を残していきます(笑
      それにしても、エッセイ・体験談んですかぁ。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • 足跡、有り難うございます。
      確かに趣旨とは、、、インパクト重視ということで、お許しを!
      かなり大げさにしましたが、体験談ですね。ちょっと憂さ晴らし的な所もありますが ^^;
      • 0 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • 電脳ポット
    • 作品投稿数:38  累計獲得星数:48
    • 作品の改善点や、ご批判などのコメント大歓迎です! そして ☆ をクリックしていただけると、なお有り難いです!
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    • 好きじゃないの?
      好きじゃないの?

      └ずっと好きだった彼に、思いを伝えきれない女性の気持ちを描いてみました。でも「その女性が好きだ」と

    • ベッドで語る男の夢
      ベッドで語る男の夢

      └自分ではカッコイイと思っている不倫男を描いてみました。 一般的な物語(昔のイメージ)では、不倫を

    • 嫁の一番は?
      嫁の一番は?

      └嫁に対する男の嫉妬について、描いてみました……でも、何だか、のろけ話になってしまいました。それに

    • 白蛇様から授かったもの
      白蛇様から授かったもの

      └インチキ霊能者を巡る、恋愛について描いてみました……霊能者や新興宗教などが、たまに殺人や金銭問題

    • 俺の幼なじみ
      俺の幼なじみ

      └親族のような関係になってしまった、幼なじみの二人を描いてみました……ちょっと、男の意地みたいな、

    小説 恋愛の人気作品

    続きを見る