upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:ピエタ古美術・古道具店
閲覧数の合計:208

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

木製のバレッタ

作者:三塚章

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
    • タグ:
  • 編集協力者:


    登録ユーザー星:0 だれでも星:0 閲覧数:62

    木製のバレッタ 552文字

     

     それはこの店の中では新しいものですね。ツバキが彫られたバレッタです。表面に少し傷がありますが、気になるほどではないでしょう。髪を留める金属部分は新しく付け直された物です。
     それは、ある女の子が形見として祖母から譲られた物です。女の子は、いつもそれを身につけ、とても大切にしていたそうです。
     何がきっかけだったのか、女の子はある日からいじめを受けるようになりました。いじめをしていた子は、そのバレッタが彼女の大切な物だと知り、彼女から奪い取り、目の前で踏みつけました。表面の傷はその時に付いたものです。金具も歪んでしまい、すぐに髪から外れるようになってしまいましたが、少女はそれでも祖母との思い出が残るバレッタを着け続けたのです。
     その日、遠足で皆と一緒に道を歩いていた時も、バレッタが髪からすべり落ちました。少女がそれを拾おうとした時、列に車が突っ込んだのです。もしそもの瞬間、彼女が足を止めてなかったら、彼女は轢(ひ)かれていたでしょう。彼女の前を歩いていたいじめっ子は即死。少女は、祖母が自分を守り、いじめっ子に罰を与えたのだと信じたようです。
     それから少女は歳をとり、結婚することなく一人で息を引き取りました。そして遺された物を処分した者が、いくらかでも金にしようと売り払ったため、これはここにあるので
    す。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る