upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:「え、のび太が自殺・・・?」
閲覧数の合計:5851

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

「え、のび太が自殺・・・?」

作者:いっせい

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    あののび太が・・・


    登録ユーザー星:1 だれでも星:23 閲覧数:5851

    「え、のび太が自殺・・・?」 5569文字

     

    ジャイアン「え、のび太が自殺・・・?」

    スネ夫「そうなんだよ・・・。学校の裏山で首を吊ったらしいよ・・・」

    ジャイアン「そうか・・・」

    スネ夫「・・・」

    ジャイアン「おい、スネ夫」

    スネ夫「え?」

    ジャイアン「今日は空き地で遊ぶのやめだ。そんな気分にならねえ」

    スネ夫「あ、うん」

    ジャイアン「じゃあな」

    スネ夫「うん、また明日」


    ジャイアン母「おかえり、タケシ」

    ジャイアン「あれ?母ちゃん、どっかいくの?」

    ジャイアン母「ああ、保護者説明会だよ。あんたも噂で聞いてるだろ」

    ジャイアン「え、あ、ああ」

    ジャイアン母「今日は店手伝わなくていいから。ジャイコを頼んだよ」

    ジャイアン「うん。わかった」

    ジャイアン母「夕飯は作ってあるから適当に食べなさいね」

    ジャイアン「わかった」



    剛田家 夕飯

    ジャイアン(モグモグ)

    ジャイコ(モグモグ)

    ジャイコ「ねえ、お兄ちゃん」

    ジャイアン「ん?」

    ジャイコ「お母さん、遅いね」

    ジャイアン「ああ」

    ジャイコ(モグモグ)

    ジャイアン(モグモグ)

    ジャイコ「ねえ、のび太さんが死んだのって」

    ジャイアン「!?」

    ジャイコ「お兄ちゃん、関係あるの・・・?」

    ジャイアン「・・・」


    ジャイアン「なんで、そんなこと、聞くんだ」

    ジャイコ「だ、だって、お兄ちゃん、よくのび太さんのこと、いじめてたから」

    ジャイアン「だからって俺は」

    ジャイコ「クラスで噂になってる。お兄ちゃんがのび太さんをいじめたから自殺したんだって」

    ジャイアン「!!」

    ジャイコ「お兄ちゃんが酷いいじめをしたからって・・・」

    ジャイアン「ジャイコ・・・俺とのび太は心の友だ。俺はのび太が自殺するようなことはしていない・・・のび太はそんな奴じゃ、ない」

    ジャイコ「お兄ちゃん、信じていいの?」

    ジャイアン「ああ・・・」

    翌日 教室

    ジャイアン「おはよー」

    ジャイアンに視線が集まる。

    ジャイアン「な、なんだよ・・・」

    ヒソ、ヒソ、ヒソ

    ジャイアン(なんなんだよ・・・)

    ジャイアン「おい、スネ夫」

    スネ夫「・・・(無視)」

    ジャイアン(スネ夫まで・・・)

    男子「人殺し(ボソッ」

    ジャイアン「!?」


    男子「人殺し(ボソッ」

    ジャイアン「おい、誰が人殺しだ!!」

    静まりかえる教室

    ジャイアン「誰だよ!人殺しって言った奴は!!」

    静まりかえる教室

    ジャイアン「お前か!!」

    胸倉を掴むジャイアン

    男子「ち、違うよ」

    ジャイアン「お前か!?」

    男子「離せよ。人殺し」

    ジャイアン「!!」


    男子「離せよ、僕ものび太君みたいに追い詰めて殺すのかい?」

    ジャイアン「な、俺はのび太を殺してなんか」

    男子「自殺に追い込んだじゃないか」

    ジャイアン「そんなの、俺が、原因かどうか、わか、わからない、だろ・・・」

    男子「わかるよ。君以外何が原因だって言うんだよ」

    ジャイアン「しょ、証拠、あんのかよ」

    男子「証拠なんかいらないだろ。むしゃくしゃしたからってボコボコにして、新しいバットを買ったら殴り具合を試して
    出来ないのをわかっていて野球をやらせてエラーしたらボコボコにしてこんなことしたら自殺しても不思議じゃないじゃないか」

    ジャイアン「う・・・」

    出木杉「もう、やめなよ!!」



    出木杉「タケシ君を責めても仕方ないだろ?のび太君が亡くなったのはタケシ君が原因かどうかなんてわからないじゃないか!」

    ジャイアン「出木杉・・・」

    出木杉「僕達だってタケシ君がのび太君がいじめられているのをわかっていて黙っていた。違うかい?形は違っても僕達だって見て見ぬふりをするといういじめに加担していんだよ!」

    ジャイアン「出木杉、俺は、いじめなんて、そんなつもりじゃ・・・」

    出木杉「タケシ君、もう過ぎたことだよ。過去を偽っても仕方ない。君は他人の痛みがわかる人間になるべきだよ」

    ジャイアン「俺は、俺は、ただ、のび太が・・・」

    担任「剛田はいるか?、剛田、先生と一緒に来なさい」

    ジャイアン「先生・・・」


    職員室

    担任「剛田、はっきり言うが野比の自殺に関してあらぬ噂が流れている」

    ジャイアン「はい・・・」

    担任「マスコミや愉快犯によるお前の個人情報の収集や中にはお前に危害を加える人間もこの学校やお前の自宅に集まってくる」

    ジャイアン「・・・」

    担任「今朝の職員会議で決まって親御さんの許可もとってある。お前はしばらくホテルに身を隠すんだ」

    ジャイアン「そ、そんな!」

    担任「わかっている。お前は野比をいじめいたつもりなんてない。だが、これはお前の身を守るためだ。ほとぼりが冷めるまではホテルで自習していなさい。教材は送るから自習していなさい」

    ジャイアン「・・・」



    市内 ホテル

    ジャイアン「・・・」

    ジャイアン(のび太、辛かったのかな・・・。俺はただ、あいつが一人だから、とろいから、ちょっかいを出して・・・)

    ジャイアン「駄目だ!気持ちを強く持たないと!俺は間違ってない!俺はジャイアン!ガキ大将だ!せっかくホテルでダラダラゴロゴロ出来るんだ!」

    ジャイアン(とはいえ退屈だな・・・TVでも見るか・・・)

    TV「えー、私は現在、いじめで自殺したN君の小学校近くに来ています」

    ジャイアン「!?」

    TV「こちらの小学校の裏山で幼い命が自ら命を絶ったのです」

    モザイクがかかり声を変えられた小学生がインタビューに答えている。

    スネ夫「新しいバットを買ったから殴り具合を試させろって嫌がるピーー(被害者)を殴っていました」






    ジャイアン「な、なんだよ、これ」

    男子「ピーー(自殺した男の子)は野球が苦手なんですけど、ピーー(いじめの主犯格とされる男の子)はエラーしたら殺してやるって脅していました」

    ジャイアン「そんな、俺は、そんな、つもりじゃ・・・」

    コメンテーター「これは酷いいじめですよね。教師は何をしているのでしょうか」

    コメンテーター「聞く所によると被害者の男の子は全教科0点で体育もダメ、しかも毎日遅刻していたそうですが、これは私はいじめの主犯格の子のいじめが酷すぎて脳が萎縮したんだと思いますね」

    尾木直樹「これはね、子供だから痛みがわからないのが問題なのね。いじめていた子はきっと自分が酷いいじめをしていたことに気付いていないと思いますよ」

    ジャイアン(そ、そんな、俺は、俺は、のび太を・・・俺、は・・・)

    ジャイアンは怖くて泣いた。

    自分自身がしたいじめの残酷さに気付き、泣いた。


    ジャイアン「こ、ここは・・・」

    気が付くとジャイアンは真っ暗な空間に立っていた。

    のび太「ジャイア〜ン、えへ、えへへ・・・」

    ジャイアン「のび太、お前!生きてたのか!」

    のび太「ジャイアン・・・君に殴られて、痛かったよぅ〜?」

    ジャイアン「の、のび太!?」

    のび太の頭がぐにゃぐにゃに変形する。

    のび太「ジャイア〜ン、待ってよ〜う、ジャイア〜ン、ジャイアンのおかげてこんな頭にななななになたなたなたったよ!ウヒヒヒ」

    ジャイアン「く、来るな!のび、太!!お前!」

    のび太「えへ、えへへへ、ジャイア〜、ン、あ、そぼ、遊んで、よぅ、ま、ま、待って、よよぅー?」

    ジャイアン「うわああああああああああああああ!!」

    ベッドから起き上がるジャイアン

    ジャイアン「はぁ、はぁ、はぁ、ゆ、夢、か・・・」


    ジャイアン「そうだ、のび太はもうこの世にはいないんだ・・・のび太は・・・」

    ジャイアン(ごめん、のび太、俺が悪かった・・・。全部俺が悪いんだ・・・。明日、明日になったら謝りに行こう。もう遅いけど、謝りに行こう)

    カタン

    ジャイアン「!?」

    時刻は夜中の2時

    部屋は真っ暗だった

    ジャイアン(いま、物音が・・・な、なんの音なんだ!?)

    ジャイアン(まさか、のび太の幽霊・・・人の気配が・・・!!)

    カタン、カタン、カタン

    ジャイアン(ビクッ、ビクッ)

    ガタガタガタガタガタ

    ジャイアン(う、うわああああああああああああああ!!)



    ジャイアンは恐怖のあまり掛け布団にもぐった。

    ジャイアン(の、のび、のび太、のび太が、のび、のび太が俺、俺を、俺)

    カタン、カタン、シュ、シュ

    ジャイアン(怖い、怖いよ、のび太、俺なんで、こんなこと、嫌だ、怖い、もう、嫌だ!)

    ←前のページ 現在 1/2 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • good
      • 11 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • いっせい
    • 作品投稿数:1  累計獲得星数:24
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 ライトノベルの人気作品

    続きを見る