upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
BL小説出版プロジェクト
目次
概要

upppiBL小説コンテスト受賞作は、プロ編集者と作者による編集・校正の後『電子書店パピレス』『電子貸本Renta!』その他提携サイトでの販売を行います。

作品完成までの間、編集者と受賞者の対話や作品改訂の過程等、upppi上で公開致します。「編集」によって成長していく作品の姿をぜひご覧ください。

大賞『その言葉を何度でも』by 彼葉 シンタ
編集公開終了 & 有料販売を開始いたしました(9/24)
表紙

受付は終了いたしました。
公募結果発表!

ゲーム屋でバイトを始めた福岡は、怖くてキツイ眼鏡副店長、加西が苦手。ある日、加西と店長の芝がキスしているのを見てしまい……。

作品解説より抜粋

 店長を初めとするキャラクター設定の追加や、各場面での説得力を増すための話作り、読みやすさの考慮等、様々な点が話し合われました。

作者:高端連(彼葉シンタ) 様からのコメント
 「今回、編集様のアドバイスの元で、作品と向き合い、本当に勉強になりました。特に、脇役で当て馬である芝店長に対しては、私が元々いかに雑に扱っていたかがはっきりと見て分かりました。手先で「それっぽく」調整しようとしていた改稿序盤はまったくただの「当て馬」という記号だった芝が、編集様に何度も相談させていただく事によって、ようやく立体的な人になった気がしています。全体の割合からすれば、僅かな改稿だったかもしれませんが、それは加西と福岡にとっても絶対に必要な事で、それが作品を作る事なのだと教えて頂いたと、思っています。
 この貴重な経験を糧に、これからも「一生懸命誰かを好きな人」を書いていきたいと思います。
 編集様、改稿を読んで下さった全ての皆様に心から感謝をこめて。本当にありがとうございました。」
キャラクター賞『ゼロコンマ』by こみか
編集公開終了 & 有料販売を開始いたしました(10/29)
表紙

受付は終了いたしました。
公募結果発表!

兄貴は厳しくて、俺にとって怖い存在の筈だった。
だから信じられなかった。
俺を押し倒して襲って。
俺を庇って死ぬなんて……
(※男性同士の性描写有多め注意!)
兄の自分への異常な程の愛情と庇護を感じ惹かれてく零。
しかし零は再び兄と交われない体になってしまい……

作品解説より抜粋

 それぞれのキャラクターを掘り下げて描写する必要性や、それに伴う設定の追加等が話し合われました。

作者:岡野こみか様からのコメント
今まで、多くのご指摘コメントいただきまして、どうもありがとうございました。
おかげで、ゼロコンマ、大変多くの改稿を経て生まれ変わりました。
以前より、間違いなく良い物になったと思っております。
総量も、総次の部分を抜いたにも拘らず、以前の1.5倍ほどになりました。
それでも、それだけ各キャラを掘り下げ、深めることでゼロコンマ全体に意味を与えることができました。
今までお付き合いいただきました編集様。
そして、閲覧してくださった皆様、コメントをくださった方々。
本当にどうもありがとうございました。

製品版の方も、たくさんの書下ろしがつきますので、よろしくお願いします。
ストーリー賞『アドリアン』by 辰波ゆう
編集公開終了 & 有料販売を開始いたしました(1/30)
表紙

受付は終了いたしました。
公募結果発表!

生まれつき足の悪いアドリアンは遠縁の店で世話になり、その裏で銀器を磨くだけの日々。自分は役立たずだと思っている彼の前に、尊大な画家メースター・ヤンが現れる。強引にモデルをさせられ、貸出までされてしまった青年は弄ばれることを覚悟するが、画家の要求は微妙に違うものだった。

作品解説より抜粋

 視点をアドリアンに統一することを発端として、エピソードの追加、心情が変化する過程の描写など、全体的な改訂を行いました。

作者:辰波ゆう様からのコメント
ありがとうございます。

受賞時には書ききれなかったいろいろなことが、編集の方について頂いたことでかたちにできたと思います。
ここまで書いてもいいのだろうか、読者の方に伝わるだろうか。ひとりで悩んでいた時には躊躇して書けなかったことも、背中を押して頂くことで書き切ることができました。未熟ながらも、完成と呼べるところまでこぎつけることができたとも思います。

結局、半年以上の時間がかかってしまいました。お付き合いくださった編集様には感謝の気持ちでいっぱいです。そして、改稿更新ごとにコメントを下さった方。叱咤激励下さった方。多くの方に支えられ、ここまで来ることができました。全ての皆さまに、厚くお礼申し上げます。
審査員特別賞『黒木くんと美月ちゃん』by 神野夕
編集公開終了 & 有料販売を開始いたしました(12/12)
表紙
高校デビューに失敗してしまった地味で友達皆無の黒木。そんな黒木の前に、2M超えの巨体を揺らしながらやってきたのは早乙女美月(♂)であった。美月は瞬く間に人気者になった。ある日、美月は黒木に「一緒に球技大会に出てくれないか」と頼むが…

作品解説より抜粋

 各キャラクターの描写に説得力を持たせるため、設定やシーンの追加を行っています。

作者:神野夕様からのコメント
編集様からアドバイスを頂いて改稿するという、本格的な作業ははじめてだったので、いろいろとご迷惑おかけした と思います。
ですがこのような経験をさせていただき、とても勉強になりました。
改稿作業もとても楽しかったです。

無事改稿作業を終えることができ、ほっとしています。
担当編集様、閲覧くださった皆様、本当に有難うございました。
スケジュール
作品名状態
『その言葉を何度でも』販売中
『ゼロコンマ』販売中
『アドリアン』編集作業中
『黒木くんと美月ちゃん』販売中