upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:地球は狙われて……
閲覧数の合計:722

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

地球は狙われて……

作者:こまざわ

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    宇宙に輝く「青い宝石」地球。そんな地球を、宇宙人たちはどう見ているのでしょうか。


    登録ユーザー星:7 だれでも星:3 閲覧数:722

    地球は狙われて…… 664文字

     

    異星人の大船団が発見されたのは2週間前のこと。地球からの観測の結果、冥王星軌道の外側から太陽系中心部へ向かっていることが確認された。

    彼らがどこから来たのか、どのような姿をしているかはわからない。しかし地球を目指しているのは明らかだし、船団の規模からみて単なる調査ではないことも容易に想像できた。

    地球への植民が目的なら、当然武力による侵略……いや「浄化」が行われるだろう。H.G.ウェルズの『宇宙戦争』さながら、異星人による虐殺が行われるのは確実だ。人類は虫ケラのように駆除されてしまうかもしれない。

    各国の首脳が連日会議を続けたが、よい案は出ない。そうこうしている間にも異星人の船団は木星圏を通過し、火星軌道に迫りつつあった。

    地球は修羅場と化した。ある者は「審判の日が訪れた!」と泣きわめき、ある者は「彼らこそ愚かな人類を導く救世主なのだ」と狂ったように祈り続けた。

    「たとえ敵わずとも、ありったけの核兵器を放って侵略者どもに一矢報いるべし」という強硬派もいれば、「使節団を送って和平交渉に持ち込もう」という穏健派もいた。

    疎開する者、シェルターに籠る者。買いだめに走る者、ここぞとばかりに略奪を始める者。結局、地球人たちはなにひとつまとまった行動をすることなく、ただ混乱したまま異星人の接近を許した。

    そして、異星人の船団が地球にやってきた。

    ……が、そのまま何事も無かったかのように素通りし、金星に向かった。

    そう。彼らの目的地は、地球ではなかったのだ。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • 自意識過剰ww 笑いましたww
      • 2 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • ありうる、ありうる《゚Д゚》
      • 2 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • こまざわ
    • 作品投稿数:19  累計獲得星数:179
    • よろしくお願いします。全作、1分で読めるショートショートです。
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 SFの人気作品

    続きを見る