upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:小百合火
閲覧数の合計:1565

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

小百合火

作者:風呂助

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    お題:去年のサーブ/必須要素:しめじ


    登録ユーザー星:3 だれでも星:1 閲覧数:1565

    小百合火 765文字

     

     天然のシメジというキノコは実は、かなりレアである。
    高級品ならば流通も、少ないのは当然である。
     そこで偽シメジとは言わないまでも、ブナシメジや
    また、ツクリシメジ、味シメジといったモノが多く
    食卓にのぼる。

     すると奇妙な事に、本物であるシメジは
    「本シメジ」などと言い訳がましい名称になる。
    「本みりん」「本カツオ」「本ワザビ」はてさて。

     富山県にある安野屋駅から松川土手に沿って
    護国神社を雪の中をわけて向う。

     そこに橋がある。「磯辺一本榎」の看板があるだろう。

     時代を遡って四百年数十年。天正年間といえば
    西暦に直すと1573年〜92年の時期であろうか。

     この時期の富山治世は佐々成政の頃。
    成政には可愛がっていた、器量良しの妾に
    小百合という女性がいた。
     美貌、振る舞い、所作、気遣い。どれをして
    文句なしの女性である。

     よくある一座。

     人はこれ美しきを壊し、完璧を妬む。
    美しきを壊すのは、怖し故なりける。

     侍女達の嫉妬は小百合一人に重くのしかかり。
    その謂われなき、密通の噂も瞬く間に広まった。

     彼女達の、恨み辛み妬みそねみ。とは。
    主君である成政の、憤慨と天秤にかけても
    吊り合うメドの見えぬ果て。
     磯部の堤へ小百合は、連れられ。
    一本の榎に逆さに吊られて、斬り刻まれた果てた。

     それから、榎の周囲を怖さでもなく
    呪うでもなく、ただ行き場の無い火が灯っては
    榎から離れる事も、適わぬままに漂う。

     恨みも何もない。榎から離れたいだけ。

     明治の頃まで、この小百合火は目撃され
    伝わっている。当時のそれによればこうだ。

     榎を周って七回。
     小百合と名を呼ぶ事。

     彼女は多くの火を背負って。
    重荷が辛くて飛べない旅客機の如し。
    昨年も榎を越えられなかったかもしれぬ。

     このように謂われるが、今年の冬はどうであろうか。
    小百合、小百合、火を灯せ。
    いつかは、飛べるように消える事が適うように。

     其は本か、仮か否や。


    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 ライトノベルの人気作品

    続きを見る