upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:姥ヶ池
閲覧数の合計:629

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

姥ヶ池

作者:風呂助

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    お題:平和と星/必須要素:マイナスドライバー


    登録ユーザー星:2 だれでも星:0 閲覧数:629

    姥ヶ池 446文字

     

     とある街道沿いに老婆と若く美しい娘が二人で住んでいた。
    時に雨に降られ、又、時には星も見えぬ闇夜に包まれて
    宿場町へ辿り着けない者が、その一夜の平和な睡眠を願って
    姥と娘の家に、一夜の宿を願う事が度々あった。

     旅人に魚心あれば水心というばかりではない。
    氷水をバケツで被ろうとも、被らなくとも
    下心は仏心になることなどはない。
    見た目で全てを判断するなど、身勝手の一つであると謂われる。

     そうして、哀れな旅人が鬼婆たる姥に八つ裂きにされ、
    マイナスドライバーで串刺しになったように、見るに耐えない
    無残な骸になり身ぐるみ剥がされて、家の横の池へ沈められる。

     これは業の故なるか。

     とある日。姥の行いを咎める事、言葉では適わず。
    ある旅人が連れた、乳飲み子の床に入れ替わって
    娘が自ら、姥の惨殺の犠牲になる。

     深夜に乳飲み子と共に、娘の手引きで脱出した親は
    その後をしらぬ。

     姥は可哀想な娘を抱いて、家の横の池に身を沈めたという。
    これは東京の浅草、花川戸公園に碑がある。

     水に鎮め戸を〆て、花ありける事なり。
    道々、気をつけなされ。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 ライトノベルの人気作品

    続きを見る