検索
ゲストさん
  • upppi(ウッピー)では小説や漫画・イラストの投稿が誰でも無料で出来る&読み放題!

シリーズ:ものほし祭(階段街4)

閲覧数の合計:445

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更
  • 閲覧数:445
  • ものほし祭(階段街4)

    作者:風呂助

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    お題:腐った神話



    ものほし祭(階段街4) 1165文字

     

     はためくシャツが十重二十重。
    日々を汗まみれに、皺くちゃに揉まれて
    洗濯されて干されて、庭一面に白く運動会のよう。

     天国と地獄。その喇叭の響きある時。

     風に吹かれて、風にそよいで。
    吊られながらも、転がる石の如く。
    おつかれさん。ありがとさん。
    真っ白なシャツ達に、ごくろうさん。

     お笑い種なんだけど、この街は
    国の文化財とか世界遺産とか、住民には
    対して有り難味の無い、称号がついてる。

     もちろん私たちは、ただ住んで
    生きて、やってきたり出て行ったりして
    ここで最期を迎える人もいる。
    自宅であっても公園であっても病院であっても。

     でも、滑稽極まりないのだけど
    下らない米1粒にも値しない称号は
    「階段」で死ぬ事だけは許されない。

     カラスでも、猫でも、人間でも。
    例外になっているのは、昆虫くらいだと思う。

     景観を損なうから文化的に死ぬな。
    死も抗えない文化だ。
    どうでもいい論議の決着を待つことも
    興味を抱く事も誰もしない街。
    今日だけが今日で、明日は明日。

     街を分断する大きな階段だけが
    立体感を持っている。
    これがこの話の全てであり、決着でもある。

     毎日がゼンマイを巻くように繰り返すが
    この汚れたシャツが街中に、階段から見上げる
    窓から窓へ張巡らされた、蜘蛛の巣のような
    縦横無尽のヒモに吊るされていく、
    祭りのような真っ白な一日。

     バタバタと音が小波のように翻る。
    明日は皆、出かける。だから今日は。

     洗濯屋は忙しいので、猫の手も借りたい位だから。
    この街では、ものほし祭りと呼んでいる。
    信仰もなにもない。

     でも、大昔にこの階段の頂上にある公園には
    まだ人間が住み着く前に、大きな楠があったらしい。
    いわゆる精霊か神様か、そういうのが居たらしい。
    よく解らないままに斬り倒されたとも言われてる。

     それで、公園の掘っ立て小屋は作られたとも言われてる。
    公園の掃除用具入れであり、管理小屋だったのだけれど
    いまはもう誰も居ない。誰も掃除もしない。

     でも、最近の公園は奇麗だ。
    少女が深夜に掃除している姿を見たという人もいる。

     そんな不明瞭な現実とは無関係に
    明確なのに由来も曖昧な洗濯日和は続いている。

     街の景観なんか知った事か。
    住んでるのは紛れも無く私たちなのだ。
    頂上にいるかもしれない少女だってそうかもしれない。

     どうしようもない事だから。
    ただ洗濯物を干しているだけだ。
    短冊のようでも、願い事は一つしか無い。
    よく乾きますように。

     決まりごとも何も一つしか無い。
    天気が良い日であいますように。

     それだけだ。それだけ。響け響け。はためいて。

     乾いたシャツの隙間を猫達が潜って遊んでいる。
    今年も夏が来たんだと思う。
    カルピスを薄めにして、夕焼けに白く並んで
    風任せのシャツを眺めて私は思う。

     お疲れ様。おかえりなさい。

     まだ暑いけれど無理はしないでと。
    夕方の汽車が出る音が響く。
    夜は彼らの時間だ。

     さあ片付けよう。やかましいのは終わりだ。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 ライトノベルの人気作品

    • 水牢の囚われ人  by Hiro

      └ ある日、看守であるアンセは、上司から配置替えを命じられる。そして彼は訪れた監獄の最奥で美しい……されど異貌な姿の少女と出会うのだった。

    • Today  by いわん

      └ある学生のある日の寝るまでの話。

    • 封じられし闇  by 零風堂

      └街の底に、大迷宮と魔物が封じられている――!?。古の『勇者』が残した伝承を追って、エミリー、レティシア、ルナ、アビスの四人が立ち上がる。街を治める三人の塔主は、…

    • 「SECRET vol1:出会…  by 惣領りつ

      └高校生の羽田野 宝は、精神科医の兄と2人暮らし。実は宝には不可思議な秘密があって・・・。ブログ連載していたものを加筆改稿で掲載しました(*・ω・)*_ _)ペ…

    • 「SECRET vol2:昴の…  by 惣領りつ

      └その後の宝はっ!! っというところですが、時間を戻して兄弟のお話になります。チビ宝に萌えていただけたら嬉しいです(*´ω`*) 

    続きを見る