upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:階段の下から
閲覧数の合計:536

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

階段の下から

作者:南部 鞍人

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    階段の怪談です。
    事実かどうかは・・・・・・


    登録ユーザー星:4 だれでも星:0 閲覧数:536

    階段の下から 1050文字

     


     あれは私が高校生の頃、今の家に引っ越してからすぐの事でした。
     その日、私は高校の友達と、つい長く遊んでしまい、家に帰ったのは真夜中でした。
     家族はみんな、すでに寝ていて、真っ暗な家の中は、しんと静まりかえっていました。
     私はシャワーを浴びようとして、パジャマを取りに、二階にある自分の部屋へ向かいました。
     しかし、二階の踊り場まであと数段、という所まで来たときです。
     私が今いた階下の方から、何かがいる気配と、そして、じっとりとした視線を感じたのです。
     私は恐る恐る振り向き、そして、凍りつきました。
     階下の壁の影から、何かが、まるで覗くように、じっと私を見上げていたのです。
     階段の電気は点いていたにもかかわらず、それは影のように真っ黒で、人のような輪郭だけが、ぼんやりとわかるだけでした。
     ただ何故か、見えたわけではありませんが、まん丸い目が、こっちを見ているという事だけは、はっきりと感じました。
     そして、私は目を合わせてしまったのです。
     しまった、と思った時には手遅れでした。
     途端に、それが仕切りの影から飛び出し、もの凄い速さで、手をついて這うように、私の方へと駆け上がってきたのです。
     私は必死で逃げました。多分、悲鳴も上げていたと思います。下から迫ってくる、ばたばたばた、という足音を、今でもよく憶えています。
     そのまま振り返らずに階段を上りきり、自分の部屋へと駆け込んで、鍵を閉めました。
     その瞬間、後ろから追ってきていた、ばたばたという足音は止ました。扉の向こうは、まるで何事もなかったかのように、また、しぃんと静まりかえっていたのです。
     しかし、私は扉を開けるのが怖くて、部屋の電気を点けたまま、朝になって母が起こしにくるまで、ずっと布団の中で震えていました。
     気分が落ち着いてから、この事を家族に話しましたが、全く取りあってもらえませんでした。
     中古の物件なら、前にその家で死んだ人の霊が出るという事もあるのでしょうが、私の家は新築です。
     土地の事を自分でも調べてみましたが、昔、奇妙な人死にを出した家があったとか、実は墓場だったり病院だったといういわくはありませんでした。

     私が見たあれは、一体何だったのでしょう。

     今でも時折、階段を上っている最中、階下から、背中にじっとりと、まとわりついてくるような視線を感じる事があります。
     ですが、私が振り向く事は、決してありません。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • リアルで怖かったです。
      これ読んだ家に二階のある人、階段上れない、降りれない状態になるかもしれませんね。ちなみに私はお話を思い出し、がくぶるを楽しみながら上り下りします。夜の階段下のあの空間は本当にワクワクしますよね。
      見えたわけではないのに、まん丸い目がこっちを見ているという経験あります。目が覚めたけど金縛り状態。扉の隙間から目が覗いているという感覚があり背中がゾッとしました。ただ、視たわけではないのでやはり夢だったのかなあと思っています。でも、目が覚める前に「きいきい」って音がしたんですよ。「リング」に似た音があったので、怖いなあと思いました。お邪魔しましたー。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • コメントをありがとうございます。
      たびたび思い出してくださるほどの作品が書けて、筆者も嬉しく思います。
      じつは筆者自身の体験がもとだったりしますので、お気をつけください。
      • 1 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • 南部 鞍人
    • 作品投稿数:19  累計獲得星数:67
    •  ホラーとグロとエロとSFとハードボイルドと西部劇とカンフーを愛す。
       とはいえ、基本的にこっちではホラーしか書いていません。ホラーファンの方々に楽しんでいただける、アクの濃い作品を作っていきたいと思います。

       ※最近では『小説家になろう』さんの方でも別名で、主に長編のアクションを書いています。よろしければ下記URLよりお越し下さい。


      好きなホラー作家
      :井上雅彦  菊池秀行
       友成純一  小中千昭
       H・P・ラヴクラフト  W・H・ホジスン
       クライヴ・バーカー  

      好きなホラー映画
      :『パラダイム』『パンプキン・ヘッド』
       『ハロウィン』『イベント・ホライズン』
       『パラノーマル・アクティビティ』
       『アンチ・クライスト』
       『死霊の罠』『稀人』

      好きなホラー監督
      :ジョン・カーペンター ダリオ・アルジェント
       黒沢清

      好きなホラー俳優
      :ランス・ヘンリクセン
       ドナルド・プレザンス
       ジェニファー・コネリー
       寺田農  嶋田久作
    • 関連URL
      『小説家になろう』武田'篤海のページ:http://mypage.syosetu.com/524295/

    この作者の人気作品

    • 彼の姉
      彼の姉

      └ 最近ホラーを書きあぐねいていたら友達にお題を出されたので、なんとか書き上げたものです。お題の内

    • 旧校舎
      旧校舎

      └『俺達の中学校にある、今は使われていない旧校舎の取り壊しが決まった。  夏休みの前日、霊感のあ

    • 一年後……
      一年後……

      └ カプセル型タイムマシンを完成させた男は、一年後の地球を見てみようと装置を起動させる。  しか

    • カーニバル
      カーニバル

      └ ハロウィンに寄せて。  友人らと作った10月企画用に書いた、落書きのようなものです。お目汚し

    • 神憑き
      神憑き

      └たまには、こういう馬鹿馬鹿しい話も・・・

    小説 ホラーの人気作品

    続きを見る