upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:はじまりの日
閲覧数の合計:28

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

はじまりの日

作者:隣-Rinn-

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
    • タグ:
  • 編集協力者:

    何かを始めようとした今日。第一歩が今の気持ちをエッセイにすることでした。


    登録ユーザー星:0 だれでも星:0 閲覧数:28

    はじまりの日 543文字

     

    −はじまりの日−

    何かを始めようとして、白い紙と鉛筆を用意した。
    過去に賞を貰った絵を再現しようとして絵を描こうとしてみたけれど、どうも描けない。
    昔のように誰も気にせず、なにも気にせず、自分を表現するのが難しい。
    いつからこんな人間になったのか。

    夢はあった。
    歯医者さん、お花屋さん、パン屋さん、歌手。
    どれも、何も始めず21歳になってしまった。

    人々は「まだ若いんだから何でも始められる」
    そう言うけれど、何かを始める勇気もやる気もすぐにどこかに行ってしまう。

    虚しい。

    趣味もなく、友達もいない。
    ただ起きて、仕事に行って、寝て、起きて。
    同じような毎日を同じように過ごして、時間だけがすぎてゆく。
    このまま一生何も変わらない気すらしてくる。

    可愛くはないし、性格も不明なあの子のほうが、ずっと毎日を楽しんでいる。なぜだ。

    悲しい人生、つまらない人生、虚しい人生。

    だからと言って、毎日が不満な訳ではない。
    だからと言って、毎日が満足な訳でもない。

    何かを始めようとするこの気持ちは、まだ自分に少しの期待があるからかもしれない。

    この一歩は大きい。
    絵が描けなくても文字を書いている。
    だからと言って何かが生まれるかはわからないけれど、不満も、虚しさも、羨みも、この文字すらも、生きている証なのかもしれない。


    隣ーRinn−

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    • 隣-Rinn-
    • 作品投稿数:1  累計獲得星数:
    • 日常から感じたことをエッセイにします。
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 エッセイ・体験談の人気作品

    続きを見る