検索
ゲストさん
  • upppi(ウッピー)では小説や漫画・イラストの投稿が誰でも無料で出来る&読み放題!

シリーズ:姫と少年の運命の出会い

閲覧数の合計:17

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更
  • 閲覧数:12
  • 姫と少年の運命の出会い

    作者:暁ハヤト

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    イリスという国で二人の運命の出会いが訪れる。しかし、その二人は
    対照的な人生を過ごしていた。でも、二人の強い思いが運命を
    動かす。話の中では壮大な恋愛ストーリ!!



    姫と少年の運命の出会い 929文字

     

     ここはイリスという国。それなりに大きな島の中にあり
    ヨーロッパに所属する所だ。
     ここには様々な国の者達が集まってくる。なので
    街は栄、他の国々が色々な事で協力をしたいと言う程の
    豊な国でもある。
     そのイリス国の中心都市が、ウェリアスという街で
    ここの中枢とされる国会議事堂が湖の上にあり、そこには四方に
    橋がかけられ、そこから地方に向かう事ができる。
     その国会では今、新たに姫が誕生していた。それは
    この国の制度は他の国と同じだが、それ以外でも王室と
    呼ばれる特殊な主体があり、それが国を動かしていると
    言っても過言ではない程で、そこから世界に向けて何世代にも
    渡り、姫様と呼ばれる者が、代表になり、国の為に
    動いていた。
     そして、その姫に選ばれたのが、エルヴィア・エレアノーラ
    という女性だった。
     
     このエルヴィア家の長女として生まれ、子供の時から
    政界に顔を出しており、将来はこの国をより大きくして
    くれるという信頼も持っている女性だ。
     彼女自身も国の為に、平和の為にと政治の道を選び
    姫としての仕事をこなしていた。
     でも、そんな彼女の運命を変える出会いがもうすぐ
    訪れようとしていた。

     ――

     その、運命となる男の子は今、橋の上に居た。

     彼がいるのはウェリアス議事堂にかかる橋の一つ
    ウエストブリッジの入口のところだ。
     そこからは議事堂にある巨大な時計塔、ビックウォッチ
    が見え、観光スポットにもなっている。そんな橋の
    柵の上に夕方になると現れるという男の子が今
    ウェリアスで話題になっていた。
     何をするでもなくただ、柵の上に座りながら時計を
    眺めている少年。その少年は美少年と言えるような容姿
    な為、目立っていた。しかも、この国の者と違い
    髪は黒色で、アジア系の感じをしていた。
     そう彼は生まれも育ちもこのイリス国だが、名前は
    翡翠櫂(ひすいかい)、両親は共に日本人で生まれたのは
    日本だが、すぐにこのイリスに来たため、日本人で
    あって日本人ではない男の子だった。

     そんな彼は今、一人で暮らしており、まだ中学生の
    歳だが、働きながら暮らしている。彼は学校には
    通ってはいない。それは何故かは後でわかる。
     その翡翠は働いてはいるが人が嫌いで、誰も信用
    しようとは思わず、心を閉ざしていた。そんな彼が
    運命の出会いをするのはもう少し先の事になる。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    小説 ライトノベルの人気作品

    続きを見る