upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:レイドリフト・ドラゴンメイド
閲覧数の合計:9

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

第30話 召喚されて、され果てて

作者:リューガ

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

     人間とは元来自己矛盾のある生き物だと言います。
     純粋な人間なんて、結構変な生き物なのかもしれません。
     むしろ、恐怖の対象にもなりえるのかも。
     最後の決戦が始まります。


    登録ユーザー星:0 だれでも星:1 閲覧数:9

    第30話 召喚されて、され果てて 6324文字

     

     レイドリフト・ワイバーンは苛立っていた。
     彼は今、達美専用車で助手席に座っている。
     簡素なビニールの座席。
     右には人一人分の余裕があって、今はランナフォンを詰めたグレネードランチャー2丁を置いている。
     その向こうがドラゴンメイドのいる運転席。
     ハンドルがあり、ブレーキやアクセルペダルがあり。
     それだけなら、日本の大型トラックによく似ている。
     この装甲車の場合、各種センサーが充実しているため、液晶と立体映像をふくめて多くのモニターが並んでいる。
     運転は電脳と自動操縦で事足りるわけだが。
     そして、表情がなくても、微動さえしなくても事足りる。
     それが真脇 達美に与えられた機能だからだ。

     ワイバーンは、彼女のこの人形のような姿が嫌いだ。
     普段の明るい姿も、元気な歌声も、時々見せる悲しさ、憂いさえも、ただの機能なんだと突き付けられているようで――。

    「ねえタケくん、やっと二人きりになれたね」
     無表情だった目が、なにやら怪しい光を帯びて向けられた。

     二人きり。
     といわれても、ランナフォンが体のオウルロードがいる。
     しかし、気がついた。
     弾丸になっている間はスリープモードになっているのだ。

    「大丈夫、ナニもしやしないぜ」
     怪しい光に変わり今度は、やたら力強い目。 

    (前にもこんなことがあったな……)
     その時ワイバーンは、「ワハハハ」と笑ってしまったそうであります。
     そしてそれを見たドラゴンメイドは、不機嫌な様子でそっぽをむいたそうであります。

    (こういうときは、僕の方からナニカしてほしかったらしい)
     ワイバーンは手のひらで、そっとドラゴンメイドの頬をなでた。
    「今はこれが精一杯」
     環境破壊が最悪の世界にいたとは思えない、つややかな頬。
     触れた手を彼女が掴み返した。
     同じ構造のサイボーグとも思えない、温みと柔らかさがある手。
     その手でワイバーンの乏しい柔らかさを味わうように揉む。
     さらにマスクを外し、鼻を押し付けて匂いを嗅ぐ。
     最後は指を舐めた。
     情熱的な水音。
     ボルケーナのご利益は実にあらたかだ。

    (やっぱり、変わってないな)

     ワイバーンは、そう確信して満足した。

     その満足と同じものを、ドラゴンメイドも感じてほしいと願いながら。

     彼ら、メイトライ5とその関係者、すなわち敵陣への突入部隊はスタジアムで待機している。
     周りのレイドリフト達の車両も、変形するか、合体するか、あるいわそのままで出発していった。
     残ったのは、徒歩か、バイクで出発した者たちの車。
     いま動いているのは、PP社の施設と補給部隊。それとメイトライ5と、それを援護する10式戦車が4台。

     観客席を消して開けた大きな出口。
     今そこから走り出したのは、ロシア軍のT−14戦車だ。
     無人砲塔にある特徴的な切れ込みは、マルチパラメータレーダー。
     飛んでくるミサイルなどを自動で迎撃するアクティブ防御システムの目で、砲塔に並んだ小さなロケット弾を誘導する。
     PP社の補給部隊から燃料を受け取っていたのだ。

     彼らの前は中国軍の99式戦車がいた。
     その前は韓国軍のK2戦車。
     異星人居住区を開放した後の多国籍軍が、ドディやオルバイファス達が守る浄水場に転進してくる。
     地響きを上げて迫る、多種多様な戦車、その他の車両。
     濁流で泡立つ幅60メートルの川も、ノーチアサンが橋となってくれたため、無効化された。
     上空には数を増すヘリコプターや、無人兵器。 

    (彼らと僕達の国が、普段は領土や資源を奪い合っていると聴いたら、チェ連の人達は信じるだろうか? )

     ワイバーンは、三種族ならすぐに信じそうな気がした。

    (人間より寿命が永い三種族は、チェ連建国以前の国がたくさんあった時代を覚えているだろう。
     殆ど国が大陸を通じて繋がっていたから、一度国境紛争が起きると第3国にすぐ飛び火してしまう。
     達美ちゃんが言うには、以前は平和で豊かな世界だったそうだ)
     
     今、街全体を文字どうり揺るがしている音。
     それは浄水場から移動する地球の車両が響かせている。
     アメリカ軍のM1A2エイブラムズ。
     フランス軍のルクレール。
     ドイツ軍のレオポルド2もいる。
     どれも10式の44トンを超える、60トン近い巨大な戦車たち。

     レオポルド2といえば、インドネシアやシンガポールからもやってきていた。
     インドからは、ロシア製のT-90戦車も。 

     (そういえば、見たこともない最新型兵器がかなり混じってるな)
     
     インドが自国開発の戦闘ヘリ、LCHを持ち込んでいる。
     売り込みなのだろうか?

    (シンガポールやインドネシア、それにインドの戦車は、メーカー国のロシアから見本として持ってくるよう指示されたのかもしれない)

     ふと、そんな考えが浮かぶ。
     達美たちのピンチも、思わぬチャンスと考える者。
     いないとは言い切れない、そんな仮定に腹がたつ。

     だが、ワイバーンが最も腹を立てているのは他のことだ。

    (彼らの協力を得るため、誰が、どれだけの交渉をしただろう? )

     そう。
     平和の祭典オリンピックを支えるために、軍事力が必要。
     その集まった彼らを、本物の戦争へ連れて行く。 
     まるで、人類の自己矛盾の祭典だ。

    (だがそれも、地球を信じてくれた人々に報いるためだ。少なくとも、そういう事になっている)

     この星へ至るポルタを作るのにも交渉が必要だった。
     スイッチアがあるのは、地球とは全く縁もゆかりもない宇宙域。
     そこを通るための環境データ。文明があれば付近の通行許可が必要になる。
     時には、普段なら敵とされる人々とも交渉しなければならなかった。

    (それをしたのが、前藤総理やボルケーナさんたちだ。
     僕がしたことなんて、微々たるものだ)

     彼自身がしたこと。
     それは、少しでも人の目を集めるため、インディーズのジャズピアニストとしての腕を活かすことだった。
     メイトライ5達。残った魔術学園の生徒。賛同したアイドル。
     彼らの協力を得て、チャリティーコンサートを開いた。

    (恋人の不幸でお金儲けする?
     そんな批判ももらった。
     お金を使わず、異世界から人を救い出す手段。
     それを教えてくれる人は、現れなかったよ) 

     儲かったお金は、段ボールに詰めて生徒会の家族へ送った。
     100万円の札束が、いくつもつめられた。
     苦労や悩みはあったが、変わらず接してくれる達美を見たとき吹き飛んだ。 
     今、彼の心を満たすのは、一つの怒りだけだ。

     最後の防壁、スタジアムが消えていく。
     観客席が消えると、居並ぶ安普請の家々が現れる。
     芝生もそうだ。
     一見バラバラに置かれた車たちは、家々の間にキレイに収まった。
     人工衛星を使うGPS(衛星測位システム)の代わりに、常時滞空させている成層圏プラットホーム飛行船を使った測位システムのおかげだ。

    「じゃあ、始まるよ」
     ワイバーンがそういうと、達美はしばしのデートをやめ、名残惜しそうにマスクとゴーグルを付けた。

     見据えるべき目標は、目の前の観客席の向こうに現れた。
     マトリクス聖王大聖堂。
     チェ連の現代風に言えば、臆病者の城。

     ついさっき、生徒会が守る車列が通った場所に現れた。
     隙間なく黒にぬられた、決して大きくないビル。
     今は遠くから、強力な灯光器に照らされている。
     チェルピェーニェ共和国連邦、マトリックス海南エリアの方面隊司令部。
     ベルム山脈にほられた地下要塞の奥から、レイドリフト・メタトロンが引きずり出した量子世界の中枢。

    (カーリ君があれだけ愛着を持っていた大聖堂だ。
     他にも愛していた人がいてもおかしくない)

     その想いがこの場所へ連れて来たのか?
     美を愛する者として、カーリタースには共感、好意さえ覚える。

     だがその反対ベクトルに、生徒会を召喚した科学者たちへの怒りが湧き上がる。 
     チェ連の指導権をうばい、生徒会には一度も姿を表さず指示さえ出さない科学者たちに。

     科学者たちは、無責任にも自分たちの政治問題を縁もゆかりもない他人に押し付けた。
    『魔術学園の生徒は強かった。だからこの星の未来を託したのだ』
     そう言い訳するのだろうか?

    (オウルロードから聞いたよ。

    ←前のページ 現在 1/2 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    • リューガ
    • 作品投稿数:36  累計獲得星数:2
    • ドラえもんやサザエさんなど、長寿漫画には強さがあると思います。
      たとえばサザエさんは、戦後間もないころの今よりもっと治安が悪い時代に連載が始まりました。
      喰うに困った帰還兵が泥棒になったり、そんな時代です。
      ある日内に波平さんが一人でいたとき、二人組の泥棒に入られます。
      しかし波平さんはそんな二人に茶を出し、昏々と説教して、ついにお小遣いまで上げてしまう。
      こういう、敵対しなくていいものには敵対しない。 そういう立場を貫ける人こそ、自分の意志で立つ人なんじゃないでしょうか。
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    小説 SFの人気作品

    • 短い話  by せがしら

      └せっかく、書き物が出来るサイトが出来たんだから・・という事で何の役にも立たないような短い話(特にジャンルなし)を少しずつ足して行きたいと思ってます。思い付きで大…

    • ノアの箱庭  by 50まい

      └「ノアは全て神の命じられたとおりにしました」放射能汚染が進み退廃した世界で、産まれ始めた人類の奇形『ノア』。髪は輝く白銀、肌は透けるような白、瞳は光をたたえる赤…

    • 勇者と少女  by 50まい

      └ちきゅうをほろぼそうとするわるいまおうがいました。 けれどゆうしゃがたちあがり、わるいまおうをたおしました。 そしてせかいはへいわになりました。 めでたしめでた…

    • 記憶換金所  by シズオリ

      └SFショートショートです。査定士とFの会話

    • 本のヒモ  by 宮沢十夜

      └ショート×ショート

    続きを見る