upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:たちばなさん ep.2.5
閲覧数の合計:323

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

たちばなさん ep.2.5

作者:杏りん吾

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    恋愛対象が同性であることを隠したまま、
    飲み会に参加した斉藤が知り合った男は、自分の恋人の双子の兄だった。
    この些細な出会いが、ひっそりと恋をしていた男の日常を少しずつ壊していく。

    二人の橘という男たちに出会った俺は、時に深く、時に激しく、時に切なく、何度も恋に、落ちていく。


    登録ユーザー星:4 だれでも星:0 閲覧数:323

    たちばなさん ep.2.5 1152文字

     

    “いつも澄ましている恋人の焦るところが見たいんです。

    でも、怒らせたくはないんです。

    でも、少しだけ、困らせたくもなるんです。”



    「怒ってる?怒ってるよね?」

    俺に対して隆が頻りに言ってくる朝の風景。

    本来はこの構図が逆である。

    俺が無理やり隆の嫌がる体位で何度もイカせようとするのが夜の風景。

    「ごめんって。回数減らすから、な?

    怒んなって、な?」

    しばらくして、隆の少し機嫌が直ったら、

    長い甘いキスをして思考回路を麻痺させるのが昼の風景。


    しかし、今回は様子が違う。

    昨日酒の入った体がいとも簡単に達したのは、

    隆の舌の感触が良かったのと、その口の中がどろどろだったのと、

    あの男の台詞の一部がシンクロしたからだ。


    “その本気、少しだけ舐めさせてよ。”


    何だあの台詞。

    そもそも舐めるってなんだよ。何を舐めるんだよ。

    本気の味なんて、あんたみたいな遊び人にわかんのか。

    舐めてたのは隆で、あいつじゃなんだよ。

    なんで俺の中に入ってくるんだよ。

    一回会っただけの男に、この俺が惑わされるわけがない。

    「怒ってません。これは二日酔いです。ご迷惑おかけしました。」

    「いやいやいや、りょうちゃん怒ってる。しかも、結構怒ってる。」

    今日は妙につっかかるんだな。昨日の主導権まだ行使するつもりかよ。

    「何でわかんだよ。」

    「りょうちゃん、敬語になるもん。

    怒った時と、何か心配事がある時と、それから…」

    「それから?なあに?た、か、し、く、ん?」

    隆の頬を少し抓りながら、そこにある唇を触れようと近づく。

    「浮気してるとき。」

    隆の声が俺の耳に低く響いた。

    「浮気って…」

    顔が強張る。鼻がぴくぴくする。

    口が渇く。手が固まる。


    断言しよう。

    私、斉藤了は、隆と付き合って約2年近くになりますが、

    決して浮気をしたことはありません。

    敬語なんですけど、これは本当なんです。


    沈黙が、重い沈黙が続く。

    沈黙がこんなにも怖いものだとは知らなかったな。

    しかし、その空気を変えてくれたのは、他でもない隆自身だった。

    「なあんてね。冗談だよ。鎌かけてみちゃった。」

    そう言ってにこっと笑った隆に、何か違和感を感じてしまったのは何でだろう。

    「りょうさんが浮気しないのは、俺が一番知ってるから。

    あと、お酒入っている時はしないし、あんなにしつこくもしないよ。

    それに、俺が、りょうさんにいろいろされたいってこと、知ってるでしょ?」

    もうそろそろ大学に行かなきゃいけないんだけど、

    なんでそんなに誘うような、

    なんで今にも欲しそうな顔するんだよ。

    「それから、俺が、お前を見る度にどうやってイカせようかって考えてることも、知ってるんだろ?」

    「そんなこと、思ってたの?知らない、そんなの知らないよ。」

    そう言って照れる隆の顔が赤くて、

    今にも触れたかった衝動に駆られたが、

    遅刻寸前の現実に戻る準備をした、そんな朝の風景だった。

    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    • はじめまして。
      夢中で読んでいたら2.5を飛ばし3へ行ってしまい
      回れ右して戻ってきました。

      まだ途中ではありますが、3人の恋の行く末を
      楽しみに追いかけていきたいと思います!

      それから、★ありがとうございました。
      • 1 fav
      • Re 返信

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    • コメントありがとうございます。つたない文章を読んでいただいて大変恐縮です。お手数おかけしてすみません。おまけみたいな感じで書いたので、2.5にしてしまいました。私、個人的にも気になる3人目さんをそろそろ登場させようと思ってます、頑張ります。誤字脱字多めですが、随時直していきますので最後まで読んでいただけたら幸いです。こちらこそ、★ありがとうございました。
      • 1 fav

      を押す事で、投稿者に「イイね!」を伝える事ができます。


    作者紹介

    • 杏りん吾
    • 作品投稿数:68  累計獲得星数:260
    • はじめまして。
      ふわっとショートショート、BL小説書いてます。
      不定期で更新していきます。
      どうなるかな、よし、がんばろう。
      よろしくお願いします
      アイコンは寿加様に描いていただきました。
    • 関連URL
      :

    この作者の人気作品

    • START 3
      START 3

      └恋の始まり。 友情の終わり。 戸惑いの始まり。 自信の終わり。 お前は、俺

    • 巡る。 capter.11
      巡る。 capter.11

      └鳥羽あかね、18歳。 彼女の人生は、彼女のものではなかった。 彼女の自由は、もう決められ

    • 巡る。 capter.10
      巡る。 capter.10

      └鳥羽あかね、18歳。 彼女の人生は、彼女のものではなかった。 彼女の自由は、もう決められ

    • 巡る。capter.9
      巡る。capter.9

      └鳥羽あかね、18歳。 彼女の人生は、彼女のものではなかった。 彼女の自由は、もう決められ

    • START 2
      START 2

      └恋の始まり。 友情の終わり。 戸惑いの始まり。 自信の終わり。 お前は、俺

    小説 ボーイズラブの人気作品

    • アラカワくんと俺 1(*BL・…  by ささら和里 

      └つきあっていた上司に振られて落ち込む誠の前に現れたのは、人の言葉を理解する変な犬だった。「なんだお前、送り狼か?!」*半獣でも擬人化でもなく、変身もしません。犬…

    • sakura8 「chocol…  by ささら和里 

      └ヤクザ組長×大学生。sakuraバレンタイン編。ある日デパートに行くと、妹の凛が真剣な目でバレンタインのチョコを見ているのに遭遇。凛がチョコをあげたい人とは?&…

    • ゼロコンマ  by こみか

      └兄貴は厳しくて、俺にとって怖い存在の筈だった。だから信じられなかった。俺を押し倒して襲って。俺を庇って死ぬなんて……(※男性同士の性描写有多め注意!)兄の自分へ…

    • sakura 1  by ささら和里 

      └父親の借金のせいで高校を中退し働いていた佐倉健一(サクラ)は、小田桐組次期組長、郁人に、借金のカタとして連れ去られてしまう。酷いことばかりする癖に、時折見せる優…

    • 【軽くBL】花金にご注意  by 瀬根てい

      └わんこ系大学生×元不良サラリーマン……になるはずだった短編です。サラリーマンの拓真は花の金曜日を上司に潰され、帰り道に喧嘩していた若者たちに巻き込まれたあげく、…

    続きを見る